ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大人女子のココロをわしづかみにする沖縄・備瀬の最新アドレス!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ULTRA BLUE

「沖縄じゃらん」の制作を担当して、早4年。取材で、プライベートで、沖縄へは毎年通っているけれど、ここ数年のオープンラッシュの勢いには目を見張る。おまけに、ホテルもショップもカフェも、ニューオープンしたお店はいずれも、東京やハワイ、カリフォルニアをしのぐおしゃれっぷり。 備瀬のフクギ並木 そんな中、「もう行った?」「気になってるの〜」「行ってみたいんだ♡」と方々から噂を耳にする一軒があった。これは実際に行って調査せねばと、早速でかけてみることに。

注目エリア・備瀬のフクギ並木に建つ海辺のヴィラ&ダイナー「ULTRA BLUE」

砂の小径に2万本のフクギが緑のトンネルを作る美しい場所。本部半島の先端に位置する備瀬(びせ)は、昔ながらの佇まいを今に残す海辺の集落。

フクギの樹齢は300年を越え、家々は古来より伝わる琉球風水にもとづいて建てられている。そんな由緒あるエリアでありながら、備瀬は最新アドレスの宝庫でもある!

今回紹介する「ULTRA BLUE」も、並木の一角に2015年4月に誕生。

ULTRA BLUE

「素敵!」を連呼したくなるスタイリッシュな店内

淡いブルーの外観を一目見て、「これは間違いない!確実にオシャレだ」と早くも確信。店内に入ると、確信はすぐさま感動に。テーブルに椅子、床に壁、照明に使われたマリンライトと、目に入るすべてのものがスタイリッシュ。

それもそのはず、「ULTRA BLUE」のオーナー・中村麻実子さんは、東京でインテリアデザイナーとして活躍されていた方。プロとはいえ、うっとりするようなセンスの良さ。

「海辺のロケーションが何よりの自慢です」との言葉通り、大きく取られた窓からは、生い茂る樹々越しに幾重にも重なるマリンブルーが見渡せる。ネイチャービューをも計算しつくした、完璧な美しさでもてなしてくれる。

ULTRA BLUE

ULTRA BLUE ULTRA BLUE  

空間だけじゃない!料理もホンモノ!!

これだけの素敵空間だもの、もう満足でしょ。なんて言うなかれ!お料理がこれまた素晴らしかった。今回頂いたのは、中村さんいち押しの2品。 ULTRA BLUE クラシック ガーデンフルーツ パンケーキ 1600円
(アセロラフローズンジュース680円)
※ドリンクは食事とセットで100円引き

季節のフルーツ6種に、リリコイバターソースとホイップクリームが添えられたデザートパンケーキ。ふんわりシナモンが香る生地はサクサク軽い食感で、甘酸っぱいソースと相性抜群。他に、お食事系のパンケーキもあり、こちらは生地に使う粉の配合が異なる。

伊江島の在来小麦「江島神力」を全粒粉で使い、もっちりとした食べ応えが特徴。一緒にオーダ―したドリンクは、目が覚めるように赤いアセロラフローズンジュース。ビタミンたっぷりの爽やかな飲みごこち。 ULTRA BLUE

シュリンプ&アボカド タルタルソースのベーグルサンド 1580円

ベーグルは、中村さんが一度食べてハマった!という「天然酵母パンTERANGA」さんと共同開発したピパーツ(島こしょう)入りのオリジナル。

特製のタルタルソース(あっさりしつつもコクがある絶品ソース♥)をディップして、がぶりとかぶりつけば、至福!周りに添えられたビビッドカラーの野菜は、今帰仁のトマト、島オクラ、そして備瀬イモ。

島野菜特有の風味を存分に楽しめるよう、ちょうど良い頃合いにボイルするのがこだわりとか。味付けはお塩とシークワーサーソースのみ。とってもシンプルだけど、実に味わい深い。

モットーは、沖縄食材をたっぷり使った五感を満たす“カラフル”メニュー。

ダイナーは、8時30分〜日没まで営業。つまり、朝食、ランチ、ディナー、デザートとあらゆるシーンで利用できる。よって、メニューの種類も豊富。レシピ開発には、キッチンスタッフに加わって、中村さんも積極的に意見を出すのだとか。 ULTRA BLUE モットーは、滋味豊かな旬の沖縄食材をたっぷり使うこと。色彩豊かなひと皿に仕立てること。そういえば、店内もお食事がのったプレートも白が基調になっている。料理が主役になるお膳立てがしっかりなされている。さすが!

素敵ダイナーの2階には、これまたドキドキ♥のトキメキ空間が広がっていた!

ダイナーの取材を終え、後片付けをはじめていたところ、中村さんが「もしお時間があれば、2階もご覧になってください」と声をかけてくれた。待ってました!とばかりに、カメラを携え、いそいそと階上へ。

そもそも「ULTRA BLUE」とは、備瀬で暮らすように旅して欲しいとの想いから生まれたダイナー併設のヴィラ。ちなみに中村さんは、同じく備瀬に位置する隠れ家ヴィラ「バース・ザ・スイート」のオーナーでもある。

「バース・ザ・スイート」といえば、今や建築雑誌で特集を組まれるほどの注目と人気を集める施設。バースもウルトラブルーも、宿泊できるのは1日1組限定。さすがに内覧は無理だと諦めていただけに、ラッキー!

そして、2階へと上がった私たちは再び、うるさいくらいに「素敵!」を連呼。

ULTRA BLUE ULTRA BLUE

ULTRA BLUE

オーナーの手でフルリノベーション!イメージは純白のボートハウス。

「ULTRA BLUE」は、元あった建物をリノベーションして生まれた施設。2階もログハウス風のカジュアルな宿泊施設だったという。それを、中村さんの手で、数ヶ月をかけて改装。真っ白に壁を塗り替え、家具も手作り。蛇口や窓枠などは、各地で買い付けたアンティークパーツを組み立てて設置。 ULTRA BLUE 真っ白な洗面台も、米軍住宅で使われていたアンティークチェストにシンクを埋め込んだ力作。ダイナー同様、白が基調となっていて、窓に映る緑や海の青が、リゾートステイにビビッドな彩りを与えてくれる。

テラスから水平線に沈む夕日を眺め、次はお泊まりで♥と心に誓う。

方々から噂が絶えないのも納得のヴィラ&ダイナーだった。到着以来、ずっと興奮していたので、ちょっと風にあたって落ち着こうとテラスに出たら、水平線に夕日!!

まったく、一寸たりとも感動しない時がない。しかも、宿泊すればこの広すぎるテラスも、絶景も独り占め…なんたる贅沢!けしからん。勝手な妄想に再び興奮していたら、「人気のシュノーケリングスポットまで、ここから徒歩で行けるんですよ」とオーナー。

取材でこの感動、泊まったら一体どうなることやら。それを調査するためにも、次回はプライベートなお泊まりで訪ねようと決意。

ULTRA BLUE ULTRA BLUE(ウルトラブルー)
TEL/0980-43-5584
住所/沖縄県国頭郡本部町備瀬609-2
営業時間/ダイナー8時30分~Sunset(朝食8時30分~11時、ランチ11時~14時30分、グランドメニュー11時~Sunset、ディナー(完全予約制)22時まで)
定休日/不定(要問合せ)
料金/ヴィラ1泊(シーズンにより異なる)1人16000円〜(2名1室利用時)
「ULTRA BLUE」の詳細はこちら
この記事は2015年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

つるとろ湯で美肌に!炭酸水素塩泉の温泉まとめ【東海】
もう行った?感動必至!長野・阿智村「日本一の星空ナイトツアー」は10/17まで!
軽井沢のアウトレット「プリンスショッピングプラザ」をお得に楽しむ方法!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。