ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おそらく日本一美味しいキューリ春巻き / 中華料理店『峨眉山』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キューリ春巻き(2本)
420円

春巻きが美味しい中華料理店は、他の料理も美味しいといわれている。食材のセレクション、下ごしらえ、味付け、炒め、揚げ、すべてにおいて上級の調理スキルが必要だからだ。

・比類なき「絶品」
もしあなたが春巻き好きならば、東京四ツ谷の中華料理店『峨眉山』のキューリ春巻きは「今すぐ予約をしてでも」食べておくべきだ。まさに唯一無二の春巻きであり、比類なき「絶品」がそこにある。

・その色はきゅうり
極薄の皮で幾重にも巻かれており、箸で触れるだけで氷の結晶のごとく崩れ落ちる。何よりも衝撃を受けるのは、その断面から見える鮮やかな深緑の色。固形の具としてはきゅうりしか使用しておらず、その色はきゅうりそのものの色。

・芳醇で強いコク
きゅうりからイメージする味といえば「さっぱり」や「みずみずしい」などだが、キューリ春巻きは良い意味で期待を裏切ってくれる。一口食べた瞬間、凄まじい濃厚で芳醇なバターの味が広がるのだ。きゅうりの水分が芳醇で強いコクを広げ、味覚神経が至高の気分に到達。

・絶妙な食感のグラデーション
よく食べてみると、これがバターではないことに気がつく。チーズである。揚げることで高熱になり、チーズが溶けてきゅうり全体に芳醇な香りと旨味を浸透させるのだ。きゅうりは千切りにしてあるため、そのシャキシャキした食感が旨味の広がりを助けるだけでなく、絶妙な食感のグラデーションを生む。

・ここで食べてから春巻きを語れ!!
普通の春巻きも食べることができるので、キューリ春巻きと一緒に注文して食べ比べも可能だ。とにかく、春巻きを語るためには『峨眉山』でキューリ春巻きを食べる必要があるのは確かだ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/09/18/gabizan/

峨眉山
住所: 東京都新宿区舟町8 石橋興業舟町ビル2F
時間: 11:30~14:00 17:00~22:00
休日: 月曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13012199/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP