ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「福山雅治のSUZUKI Talking F.M.」放送1000回記念の公開放送を2週連続オンエア

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「福山雅治のSUZUKI Talking F.M.」放送1000回記念の公開放送を2週連続オンエア

福山雅治がパーソナリティをつとめる人気レギュラー番組『福山雅治のSUZUKI Talking F.M.』(毎週日曜16:00~16:55/TOKYO FMをはじめJFN全国37局ネット)が、1996年4月7日の放送開始から、この夏(7月19日)で放送1,000回を迎えた。

これを記念して『福山!ラジオも大創業祭!同年代&先輩リスナー限定公開録音!(ロックオン)』を9月10日、TOKYOFMホールにて開催。当日は、4万通の応募から選ばれた「同年代リスナー(40代)」200名、「先輩リスナー(50代以上)」200名が集結したが、この模様を9月20日、27日の同番組で放送する。

今年でデビュー25周年を迎える福山雅治。昨年12月には、パシフィコ横浜で、初の男性限定&女性限定ライブ、8月19日・20日には、ZeppTOKYOで、初の10代限定LIVEを開催した。LIVEが男性限定・女性限定・10代限定ならば、現在唯一のラジオレギュラー番組である『福山雅治のSUZUKITalkingF.M.』では、1,000回の歴史を、ともに紡ぎ上げてきてくれた「同年代&先輩」限定にチャレンジしてみようということに。

番組で告知してから1週間という短い応募期間にもかかわらず、4万通を超える応募が集まった。今回の募集はペアでなく入場できるのは応募者1人のみ。その条件のもとで寄せられた総数の4分の1、およそ1万人はなんと男性から。これまで女性ファンに育てられてきたということを公言しているものの、昨年の男性限定LIVEで忘れがたい経験を得た福山雅治にとって、この反応はとても期待の高まるものだった。そして迎えた収録当日、まずは先輩リスナー限定公開録音からスタート。

「僕より先輩のみなさんですか?」という問いかけに大歓声で応えたのは、50代をメインにした男女同数の先輩リスナーたち。福山雅治のライブ恒例である出席確認を行ったところ、会場でいちばんの大先輩はなんと82歳の女性だった。いつものライブだったら若い世代に遠慮をしてしまうところですが、まわりはほとんどが同世代という“限定マジック”もあり、参加したリスナーの大きな笑い声が終始聞かれた。

52歳の先輩リスナーとして『めざましテレビ』でお馴染みのフジテレビ・軽部真一アナウンサーも参加。“理想の50代”について問いかけると、「楽しそうに見える人になりたい」と即答。この夏の10代限定ライブの時に感じた「年を重ねても楽しそうにギターを引く姿を見せるだけで、若者へのメッセージになると思った。」というエピソードを語った。

こちらも同年代限定のメッセージ紹介をもとに展開。リスナーのメッセージを収録前に下読みしないのが福山流。初見で読むメッセージを、よりおもしろく聴けるように“盛って”、さらに即答でコメントするという、ラジオパーソナリティとしての稀有な能力を、今回の公開収録でも余すことなく披露した。会場の半分を占める男性リスナーのノリの良さに大喜びし、最後は「また、やりましょうね!」と締めくくった。

この「福山!ラジオも大創業祭!同年代&先輩リスナー限定公開録音!(ロックオン)」の様子は、『福山雅治のSUZUKITalkingF.M.』にて、9月20日=「先輩リスナー(50代以上)」、9月27日=「同年代リスナー(40代)」と、2週にわたって放送される。

番組情報
「福山雅治のSUZUKITalkingF.M.」
放送日時:毎週日曜16:00~16:55
放送エリア:TOKYOFMをはじめとするJFN37局ネット
番組サイト:http://www.tfm.co.jp/talkingfm/

関連リンク

福山雅治 オフィシャルサイト:http://www.fukuyamamasaharu.com/(PC・モバイル共通)
福山雅治 レーベルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/fukuyama-masaharu/
福山雅治 Twitter公式アカウント@45MASAHARU
福山雅治 Twitter公式ハッシュタグ#45MASAHARU
福山雅治 UNIVERSAL MUSIC STOREhttp://store.universal-music.co.jp/fs/artist/c/fukuyama_masaharu

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。