ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自転車で走るときの風力を活用!スマホ充電ができる発電機が便利すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AeroCharge2自転車のペダルを漕ぐことで発電し、スマートフォンを充電できるという発電機CydeKick Proを先日取り上げた。

そして今回紹介するのは、自転車で走るときの風を活用した風力発電デバイス「AeroCharge」。サイクリングで遠出する、というときなどに重宝しそうだ。

・4つの回転翼で発電

AeroChargeには、4つの回転翼が備わっている。これを自転車のハンドル部分につけて走ると、風を受けて羽が回り、発電するという仕組みだ。

そして、ハンドル部分の上にくる専用マウントにスマホをセットし、AeroChargeとケーブルでつなぐと、スマホが充電される。

AeroCharge・スマホのナビも使いやすく

マウントはちょうど、ハンドルの中央あたりにくるので、スマホにマップを表示しながらのサイクリングにうってつけ。

ペダルを漕ぎながらでもマップを確認しやすく、しかもスマホのバッテリー消耗を心配しなくてもいい。

まさに一石二鳥のこのデバイス、現時点ではプロトタイプができたばかり。

開発者のJonathan Roberts氏によると、これからマイナーチェンジを加え、最終的には60〜75ドル程度で販売する計画。

スマホにマップ表示をすると電池の消耗が早い。このデバイスを取り付ければ、バッテリーを心配せずに遠出を楽しめそうだ。

AeroCharge

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。