ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

津田大介が見た、今どきデモの可能性

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜金)の夜の番組「JAM THE WORLD」(ナビゲーター:萱野稔人)のワンコーナー「CUTTING EDGE」。9月17日のオンエアでは、ジャーナリストの津田大介さんに、今どきのデモの可能性を聞きました。

17日、安保関連法案が参議院の特別委員会で可決されました。前日の16日は採決をめぐる与野党の攻防が未明まで続くなか、国会前には反対派の人たちが集まり法案の廃案を訴えました。主催者発表では約3万5千人が集結。若者がヒップホップ風のリズムに乗せてメッセージを伝える姿など、テレビで報道されるデモの様子に、日本もずいぶん変わったなと感じた方も多かったのでは?

16日の国会前デモの様子を取材した津田さんは、世代を超えたデモの広がりには、学生団体「SEALDs(シールズ)」を代表とする若い世代の活躍があると見ています。

SEALDsの特徴は、リーダーや意思決定機関を作っているわけではなく、全て話し合いで決定していること。しかもリアルな話し合いというよりは、主にLINEを使っているのだとか。一昔前のデモのように、ガチガチの組織があるわけではなく、出入りも自由だからこそ、「ちょっと興味があるから行ってみよう」みたいなノリで気軽にデモに参加することができます。デモのライブ感に感銘を受けた学生が、さらにLINEやツイッター、SNSなどで友達を呼び、その結果、数百単位の学生が動くという構図があると津田さんは見ています。

そんなSEALDsなどの活躍は、野党をも動かしたと津田さんは言います。安保法案に対して足並みが揃わなかった野党のつなぎ役となり、野党を大同団結させたと。

「16日の様子を見ていても、深夜まで、外ではデモで声を上げる。国会の中では、議員たちが採決を何とか阻止しようとする。そんな状況が、お互いスマホを見ながら確認できるんですね。しかも、デモの声が国会の中にも聞こえるぐらいになっているので、それでまた野党も頑張るみたいな。そういう、市民のデモと議員の連携がありました。そのあたりは今まで見られなかった現象なのかなと思いますね」(津田さん)

学生、学者、サラリーマンや主婦、世代や立場を超えて、さらには野党同士の思惑も超えた大きな動きとなった今回のデモ。自由でいて、ライブ感を大切にする若者の活躍には、これからのデモの、さらには政治のあり方を変えていく可能性がありそうですね。

【関連サイト】
「JAM THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP