ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山崎賢人・広瀬すず 漫画実写版に起用されることが多い理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 少年ピアニストと少女ヴァイオリニストの青春ラブストーリーを描いた漫画『四月は君の嘘』(講談社刊)が、累計発行部数300万部を突破。その実写映画のキャストが発表され、物議をかもしている。“標的”になっているのは山崎賢人(21才)と広瀬すず(17才)だ。

「原作は中学生なんですが、映画では高校生の設定になっています。山崎さんと広瀬さんの年齢を考えると、さすがに中学生とはいかなかったんでしょう。でも原作ファンにしてみればとんでもないことで、“役者に合わせて年齢変更?”“まずキャストありきなんだ…”など大ブーイングが相次いでいるんです」(芸能関係者)

 その背景に山崎と広瀬が、漫画実写化にキャスティングされまくっていることも影響している。

 山崎は昨年公開された映画『L・DK』で、流行語大賞にもノミネートされた“壁ドン”を最初に披露し、大ブレーク。ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)ではLを好演し好視聴率を記録した。また『四月~』を含めて、『ヒロイン失格』『orange』『オオカミ少女と黒王子』と、今秋以降4作の漫画実写映画で高校生役を演じることがわかっている。

 一方の広瀬もすごい。ドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ系)をはじめ、『海街diary』『ちはやふる』など話題の漫画実写映画に欠かせない女優となっている。

「どうして山崎賢人ばっかり?」「広瀬すずじゃなきゃダメなの?」──そんな声が相次ぐ事態となっているのはなぜなのか?

「最近の若手女優は、朝ドラ出身の土屋太鳳(20才)や有村架純(22才)、高畑充希(23才)などものすごく勢いがあるのですが、10代でヒロインとして名前が挙がる女優はほとんどいないというのが現状です」(映画関係者)

 一方の山崎は広瀬と違って、同世代には実力者が揃う。山崎と親友の菅田将暉(22才)、窪田正孝(27才)、池松壮亮(25才)、染谷将太(23才)など、挙げたらキリがない。

「彼らは演技力も高く評価されていますが、いわゆる少女漫画に出てくるようなキラキラ王子様とはちょっとキャラが違うんですよね」(前出・映画関係者)

※女性セブン2015年10月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スケスケ黒衣装の水原希子『進撃の巨人』プレミアで観客魅了
奇跡の美人姉妹・広瀬アリス&すず 制服姿に男子高生興奮
コクーンシティ市長就任の広瀬すず キュートな敬礼姿披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。