ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

表参道駅から徒歩1分!「よなよなエール」やオリジナルソーセージを堪能できる、シック&モダンなビアバルがオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「よなよなエール」や「水曜日のネコ」をはじめ、数々の有名クラフトビールを世に送り出している、ヤッホーブルーイングの公式ビアバルの3号店が、10月21日(水)にオープンする。場所は、表参道駅より徒歩1分という好立地だ。

現在、赤坂と神田にて営業中の店舗名は「よなよなBEER KITCHEN」(http://www.yonayonabeerkitchen.com/)だが、今回の3号店のオープンを機に、全店「YONA YONA BEER WORKS」に改名するという。新しい店名には、ビール造りや料理に対する職人達のこだわりを味わってもらいたいという想いが込められているのだとか。

新オープンの青山店では、よなよなエールなどの定番商品はもちろん、「インドの青鬼」「東京ブラック」「ハレの日仙人」など、ヤッホーブルーイングが現在製造しているクラフトビールを10種類以上楽しむことができる。さらにシーズンごとに、そこだけでしか味わうことができない限定醸造ビールも用意されるという。

フードは、ハーブやスパイスなどを使用した約15種類のオリジナルソーセージをはじめ、ローストチキンや肉の旨味を閉じこめたジューシーなスペアリブ、軽くつまめるピンチョスなど、クラフトビールとのマリア―ジュを楽しめるメニューが揃う。

店内に一歩足を踏み入れると、目の前にカウンターがあり、お店の顔とも言うべきビアタップがずらり。古木を使用したというシックでモダンなインテリアは、男女問わず落ち着ける空間となっている。供されるビールにも似た、クラフトマンシップが感じられるような温かみのある雰囲気が魅力だ。

便利な駅近なので、待ち合せや終電近くまで飲みたい人にもぴったり!今からオープンが待ちきれない?!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP