ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

当事者間での境界協定書は無意味?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 隣地の先代同士が交わした境界協定書があり、境界標も合意の上で埋めてありますが、境界を確定するのに、境界協定書は無意味なのでしょうか?

(1)無意味である
(2)協定書で境界は確定している

A.

正解(1)無意味である

 最高裁判所は、「境界は客観的に固有するものというべく、当事者の合意によって変更処分し得ないものであって、境界の合意が存在したことは単に客観的境界の判定のための一資料として意義を有するに止まり、証拠によってこれと異なる客観的境界の判定を妨げるものではない」としています。

 つまり、隣人との間で境界標を設置し、また協定書を作成したとしても、当事者がそれによって境界を確定することはできないのです。協定書は、協定内容に沿った所有権が認められるにすぎません。
 所有権の範囲と境界で区切られた範囲とは多くの場合に一致することが多いと思われますが、厳密にいえば、その概念は異なるものなのです。
 ですから、次に述べる境界確定の訴えのままでは和解することができず、その訴訟を所有権確認の訴えに変更してから和解することになっています。

 境界を確定する場合、裁判であれば、境界確定の訴えによることになります。この裁判は、他の裁判と異なる点があります。
 それは、通常訴訟であれば、原告の主張が認められなければ「請求棄却」との判決が出されることがあるのですが、境界確認の訴えの場合、裁判所はそれを決するまで証拠を吟味して、境界を確定させる必要があり、「請求棄却」という判断がなされることはないということです。
 これも境界が当事者間だけの問題ではなく、公共的な関心事であることを物語るものです。

元記事

当事者間での境界協定書は無意味?

関連情報

境界に勝手に柵を作られた場合、相手をとがめる方法は無いでしょうか?(なっとく法律相談)
空き地を所有している場合雑草の除去は義務でしょうか?(なっとく法律相談)
隣地との境界に塀を建てたいが…(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP