ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛之助との交際を引き寄せたか 紀香が参拝した「石神さん」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 伊勢湾に面する三重県鳥羽市相差(おうさつ)町は「あおさのり」の産地で知られる。磯の香りが漂うこの町に、今全国から女性観光客が増えているという。

 名古屋駅から電車で1時間50分揺られると、近鉄の鳥羽駅に到着する。それから「鳥羽市かもめバス」の『国崎』行きに乗ること40分、バス停『相差』で下車すると「神明神社」への参道口だ。平日にもかかわらず30代の友人グループをはじめ女性の参拝客がズラリと続いていた。藤原紀香(44才)も最近この神明神社を訪れていた。

「ちょうど交際報道が世間を賑わせていたすぐ後のことでした。片岡愛之助さん(43才)とふたりでいらっしゃったので驚きましたね。おふたりともカジュアルな装いでしたが本当に幸せオーラがあふれ出ていました。この日はお礼参りにいらしたとのことでした」(神社関係者)

 今年5月に交際が発覚したふたり。8月28日に愛之助がブログで〈この度、藤原紀香さんと交際をさせていただくことになりました〉と堂々の交際宣言をすると、翌日には紀香が〈深い友情が恋愛へと進化した〉、〈大切にしていきたいご縁〉と応じ、公認カップルの誕生となった。

 そんなふたりの幸せ──そのきっかけは神明神社の「石神さん」だったという。

 神明神社には25柱の神様が祀られている。その中の1つ、参道途中の小さな社に地元の人々から「石神さん」と慕われている女神がいる。祭神は神武天皇の母親である玉依姫命。

 相差町では、古くから地元の海女が大漁と安全を「石神さん」に祈願し続けてきた。そうした風習から、“女性の願いならひとつは必ず叶えてくれる”ことで知られるように。現在、日本全国から年間16万人もの女性が参拝するパワースポットとなっている。

 紀香は昨年9月下旬にも「石神さん」を参拝していた。

「紀香さんは参拝のルールを守って真剣にお参りし、お守りも買っていったようです。その1か月後に愛之助さんとの交際が始まったようで、本当にご利益があったんですね」(居合わせた参拝客)

※女性セブン2015年10月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
神田明神 平将門が御祭神から外されていた時期が実はあった
小林よしのりが靖国神社の本質を歴史を紐解きつつ熱く語る本
神社に必ずある「鳥居」 その起源を皆さんはご存知だろうか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP