ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「大谷は球界を背負う人材。だから巨人に」と40代巨人ファン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「球界の盟主」ともいわれる読売ジャイアンツ。過去に多くの選手が「巨人愛」を語り、さらにはFA選手を次々と獲得してきただけに、一部の巨人ファンは真剣に、誰もが巨人でプレーしたがっていると考えている。

 そんな巨人ファンが切望するのが阪神のエース・藤浪晋太郎だ。

 森友哉(20・西武)と高校時代バッテリーを組んでいた若虎。大阪・堺の出身だが、父親が熱烈なONファン。その影響で本人も、子供のころから巨人ファンだった。

「阪神入団後も『急に巨人ファンを辞めるわけにもいかない』と素直に告白していた。『(ファンだった)高橋由伸との対談ならいつでも受ける』とまでいっているとか」(スポーツ紙記者)

 今年の藤浪は巨人戦で1勝4敗、防御率2.96と打たれている。巨人ファンからは、

「さすが根っからの巨人ファン。にじみ出る巨人愛を抑えきれないのだろう」

 と、妙に感心されている。

 そして、二刀流・大谷翔平(21・日本ハム)という球界の至宝も当然巨人ファンは見逃しはしない。いずれメジャーに移籍することを前提に日本ハムに入団したことから、さすがに今すぐにとはいわないようだが、

「米国でダメだったらすぐに獲りに行ったほうがいい。松井秀喜、イチロー以来のスター選手であることは間違いない。彼は日本球界を背負う人材。だからこそ巨人にいてほしい」(40代男性ファン)

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人ファンあるあるネタ やたらグータッチを要求し鬱陶しい
山田哲人と柳田悠岐「球界のため巨人に来るべき」とGファン
『カープ芸人』の山根発言「釣り好き選手多い」の真偽を検証

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。