ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【悲報】即席ラーメンの麺は、心臓発作・メタボを引き起こす!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カップ麺やインスタントラーメンって、手軽で便利で美味しいのでついつい食べすぎちゃいますよね。

でも、ベイラー大学とハーバード大学の調査の結果では、一部の乾麺が心臓病や脳卒中へと繋がるメタボリックシンドロームのリスクを向上させていることがわかったとか。気になるその内容とは?

01.
他の食事や運動に
気を使っても…

一部の即席ラーメンに使われている乾麺には「TBHQ」という酸化防止剤が使用されています。石油から抽出されており、食品の製造コストを下げるための食品添加物として用いられていました。

米・国立生物工学情報センター(NCBI)に掲載された「Journal of Nutrition」による調査では、乾麺を食べる人々はその他にどんなものを食べているかや、どのくらい運動しているかに関わらず、メタボリックシンドロームに陥りやすい傾向がありました。高血圧や血糖値が高く、心臓病や脳卒中、糖尿病の発症リスクも高かったのだとか。

02.
発がん性物質があることも?

麺のタイプは主に2種類。アジアでは主流のフライ麺と、熱風で乾かすエアドライ製法による乾麺がありますが、中にはベンゾピレンという発がん性物質の含有が指摘され、リコールされたものもあるようです。
World Instant Noodles Association」によれば、特に中国ではインスタント麺の消費量がとても多く、健康被害への関連性も高いと見込まれています。ちなみに、日本は消費量で第3位とされています。

加工食品は長期保存できるように大量の糖分と塩分を含んでいます。アメリカで行われた大規模な調査でも、週に2回以上乾麺を食べる人はメタボリックシンドロームになるリスクが高かったそう。しかも、同様に普段の食事が健康的かどうかに関わらず、結果は変わらず。さらに、運動をしていても同じでした。

いくら手軽で美味しいとはいえ、カップ麺を手に取る際にはもう一考した方がいいかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Complete Health & Happiness

関連記事リンク(外部サイト)

6時間睡眠は、飲酒状態と同じ?しかも、寝不足の回復には数ヶ月かかることも・・・
糖尿病や心臓病が未然に防げる「鏡」って?
誕生月によって、かかりやすい病気はこんなにも違った・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。