ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【東京ゲームショウ2015】『スター・ウォーズ』ファンはEAとバンナムのブースをチェック

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開を12月18日に控えるスター・ウォーズイヤーの『東京ゲームショウ』は、『スター・ウォーズ』ゲームも要チェック。エレクトロニック・アーツ(以下EA)ブースとバンダイナムコエンターテインメントブースのレポートをお届けします。

プレイアブルで初公開『Star Wars バトルフロント』


EAは、11月19日にPlayStation 4/Xbox One/PC向けに発売する『Star Wars バトルフロント』をプレイアブルで初お披露目。ストームトルーパーやダース・ベイダーがデザインされたブースが目を引きます。


2人協力でプレイできる『“タトゥイーン”サバイバル』モードの試遊ができるほか、大規模なマルチプレイにも参加が可能。


『エピソード5/帝国の逆襲』に登場する、氷と雪の惑星ホスの戦いを再現する『ウォーカー・アサルト』モードの模様は圧巻。帝国軍と反乱軍に分かれて20対20、計40人が対戦するマルチプレイを大スクリーンで見ることができます。


ハッシュタグ「#StarWarsバトルフロント」をつけてブースの写真をツイートすると、オリジナルステッカーがもらえたりします。

Star Wars バトルフロント:マルチプレイヤーゲームプレイ | E3 2015 「ウォーカー・アサルト」ホス到来(YouTube)
https://youtu.be/mKHdwCe2nNo

フィギュアと連動して遊べる『ディズニーインフィニティ 3.0』がお披露目


バンダイナムコエンターテインメントは、11月12日にPlayStation 4/Play Station 3/Wii U向けに発売する『ディズニーインフィニティ 3.0』をプレイアブル出展。『ディズニーインフィニティ』シリーズで初めて、『スター・ウォーズ』の世界をフィーチャーしています。



『ディズニーインフィニティ』は、ゲーム機と接続したベースの上にプレイセット・ピースを置いて読み込むことでストーリーモードがプレイでき、さらにゲームと連動する専用フィギュアをベースに乗せるとゲーム内にそのキャラクターを登場させることができるゲームシステム。ブースではスターターパックとして発売される、アナキン・スカイウォーカーとアソーカ・タノがプレイできる『スター・ウォーズ/共和国の終焉』と、同時に別売りで発売するルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナがプレイできる『スター・ウォーズ/帝国への反撃』の試遊ができます。


『スター・ウォーズ/共和国の終焉』は、エピソード1~3の世界観でアニメシリーズ『クローン・ウォーズ』の少し後の世界を舞台にしたオリジナルストーリーが展開。


別売りのフィギュアを追加すれば、ヨーダ、オビ=ワン・ケノービ、ダース・モールといったキャラクターたちをゲーム内で操作することもできます。


『スター・ウォーズ/帝国への反撃』では、エピソード4~6の世界を舞台に、映画に登場したシーンも数多く登場。



ダース・ベイダー、ハン・ソロ、チューバッカのフィギュアも発売されます。


現在放映中のアニメシリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たち』のフィギュアやプレイセットも今後登場するようです。



もちろん、ミッキーやミニーなどのディズニーキャラクターも登場するほか、ピクサーの『インサイド・ヘッド』のプレイセット・パックやフィギュアも発売を予定しています。

Disney Infinity 3.0 : Play Without Limits Trailer – Official Disney (UK) | HD(YouTube)
https://youtu.be/PqzZHGJFPNI

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP