ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メイドとの生活で学んだ「ありえない!」と叫びたくなる行動の背景

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Seina Morisako「Singapore Days

こんにちは、TRiPORTライターのSeinaです。現在私は家族と一緒にシンガポールで暮らしています。休日にシンガポールを訪れた際、公園や広場に行くと、驚くほど多くの女性たちがピクニックをしている姿を見かけます。彼女たちは多くはメイド。休日、仲間でピクニックをしているのです。

シンガポールはメイド大国

シンガポールのメイドはフィリピン、マレーシア、インドネシア、ミャンマーなど様々な国から来ています。英語が話せるメイドはとても人気です。そして富裕層だと「メイドにビーズ刺繍などを習わせる」などの投資を行っているケースもあるそう。 シンガポールにはメイドを雇い入れている家庭がとても多いのです。

富裕層だけでなく、一般家庭にもたくさんのメイドが働いています。メイドの役割は家事全般、子供の世話、習い事の送り迎えなど。彼女たちは住む場所、食事、仕事で必要な交通費、生活における消耗品(歯ブラシや生理用品等)などを雇われている家庭から提供されます。 彼女たちは基本祝日が休み。祝日にオーチャード等の繁華街に行くと、たくさんのメイドがウインドウショッピングを楽しんでいます。

メイドがいる生活は精神戦でもある

東南アジアではメイドは文化として定着しています。シンガポールはシンガポール人以外を雇うのですが、インドだとインド人がインド人のメイドを雇うなど、様々なケースがあります。 同じ国出身でも、違う国出身でも「他人が家にいる」というのは慣れないと相当厳しいそうです。

相手の宗教や生活してきた歴史を理解して、そして仕事として冷静につきあうことが重要視されます。ちなみにメイドを雇う家にはこのような違いを理解するための講習会の参加が義務付けられています。

以前インドに駐在をしていた友人からこんなエピソードを聞きました。 「メイドに拭き掃除を指示したの。するとダイニングテーブルも窓ガラスも玄関のタイルも全部同じバケツと雑巾でしたのよ!」と。 私は思わず「ありえない!」と叫びました。しかし彼女から続いた言葉は意外なものでした。 「うちのメイドはね、インドの北部出身の子なの。彼女は『水はとても貴重なもの』と言われて生きてきたのよ。だから拭き掃除の水も大事に使って、部屋の掃除すべてを1つのバケツで済まそうとしたの。彼女の出身地を思い出して、私は彼女の行動に納得したのよ」

Photo credit: Mcyjerry (Own work) [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

 

相手に「ありえない!」と叫ぶ前に

旅に出たり、異国の地での生活をしたりすると「ありえない!」と感じるような行動や体験に数多く出会います。でもそこで私たちが感じた「ありえない」は私たちが決めた常識によって判断された「ありえない!」にすぎないのです。 ちなみに友人は、インド人メイドに「自分の望む掃除の方法」を細かく指南したら思い通りに掃除をしてくれるようになったと嬉しそうに話してくれました。

「ありえない!」と叫ぶ前に、背景を探ってみましょう。交流してみましょう。理由を聞いてみましょう。 「ありえない!」は見聞を深めるための新しいきっかけなのです。

ライター:Seina Morisako
Photo by: Mcyjerry (Own work) [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

シンガポールの旅行記はこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP