ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アラフォー独身キャリア女性が「子ども産んどけば」と後悔 ネット民「手持ちのカードでしたいことするしかない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男女雇用機会均等法の施行から30年。仕事で活躍することを生きがいにする女性も珍しくないが、「こんなはずでは」と我に返る人もいるようだ。はてな匿名ダイアリーには9月16日に「キャリアなんか捨てて子供産んでおけば良かった」というエントリーがあがっている。

筆者は新卒で入った会社で出世した「40手前の女」と自称。部下を20人持ち、都内一等地にマンションも購入した。週末には部下とその家族を招いてホームパーティをすることもあるが、「そこの旦那の年収をひと月で稼ぐ時もある」といい、かなりの高収入のようだ。
「20歳に戻って社内恋愛して会社やめたい」

順調にキャリアを築き、周囲からは羨望の眼差しで見られているが、「でも正直子供が欲しい」と書く。頑張れば頑張るほど収入は上がるが、虚しくなってきたのだという。

「いくらお金を稼いだって、所詮はあんなの数字の書いてある紙っぺらでしかない。私はそんなもんより何か頑張る目標みたいなものが欲しい」

収入が高いとはいえない部下が、激務の中で頑張ることができるのは、家族や子どもがいるから。「私くらいの歳になって自分だけの為に頑張り続けるのは正直辛い」と嘆く。とはいえ、いまさら恋愛をして結婚するのはハードルが高いという。

「あー20歳に戻りたい。そしたら速攻社内恋愛して子供産んで会社やめるのにな。辛い」

この投稿には200件以上のはてなブックマークがつき、多数のコメントが寄せられた。マンションでホームパーティなど、いかにもな設定に「釣り臭がする」といった指摘もある。

ただ、似たような境遇の人からは「今の私が『何で仕事してるんだろう』と考えこんでしまうのは本当」と共感する声もあり、普遍性のある悩みのようだ。

「もちろん、生きて行く為にはお金が必要。でも、そのモチベーションを保つには生きがいがないと難しい」

隣の芝ではなく「自分の庭のことをもっと考えろ」という声も

一方で、典型的な「隣の芝生は青い」状態だという指摘も出ていた。「それ子供産んだら、なんで子供なんて産んだんだろうとか考えるパターン」だというわけだ。たしかに人は自分の人生しか生きることができない。「自分の庭のことをもっと考えろ」と諭している。

投稿者と同世代で「似たような環境」という女性からは、「私は後悔はしていないし、20代に戻っても同じ選択をすると思う」というコメントが寄せられた。この女性は幼いころから、自分に対して「この選択で将来後悔しないか?」ということを頻繁に考えてきたそうだ。

そのため、「少数派だけど、自分の選択を卑下もしない」と決めている。今の自分の虚しさを、子どもの有無だけのせいにすると頭が固まってしまうとし、こうアドバイスしている。

「手持ちのカードで、今からしたい事をしたらいいんじゃないかな」

もっとも、投稿者はまだ40歳の手前。最近は30代後半で結婚、出産する人も珍しくない。そのため「まだ諦めるのは早い。今からでも婚活と妊活を始めてみれば?」という書き込みも寄せられていた。

あわせてよみたい:キャリア志向女性への日本企業での悪習慣

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP