ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ローリング・ストーンズ、来年新作レコーディングへ。キース・リチャーズが明言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ザ・ローリング・ストーンズが来年の南アメリカ・ツアーの後にスタジオ入りする明確なプランがあることを、キース・リチャーズが明らかにした。同ギタリストは2005年の『ア・ビガー・バン』以来となるスタジオ・アルバムのレコーディングについて、ニューヨークから9月15日に放送されたiHeartRadioの番組『ICONS』のなかで語った。

 自身も23年ぶりとなるソロ・アルバム『クロスアイド・ハート』のリリースを18日に控えるなか、リチャーズは先週、ミック・ジャガーやチャーリー・ワッツ、ロン・ウッドとロンドンで一緒だったことをQ&Aコーナーで明かしている。

 今年の夏に北アメリカ・ツアーを終えている彼らは、2016年初頭に南アメリカをまわる予定だ。

 リチャーズは以前からバンドをニューアルバムの制作に取り掛からせたいと熱望しており、先日、エンターテインメント・ウィークリー誌に対し「ストーンズをスタジオ入りさせようとしてるんだ。しかし、今年入るか正直なところまったく分からん。2月、3月の南アメリカ・ツアーを終え、俺は4月にはスタジオに入りたいんだが、ヤツラがどんな感じだか分かってるさ。彼らはツアーを終えると何もしたくなくなるからな」と話していた。

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ウィークエンド 2度目の返り咲き!米ビルボード・シングル・チャート1位&2位を同時にマークする偉業達成
ザ・ウィークエンド 米ビルボード・アルバム・チャートで1位をキープ、シングル・チャートとW首位に
リル・ウェインとクリスティーナ・ミリアンが破局

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP