ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誰も教えてくれなかった。28歳になってはじめて気づいた「28のコト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

28歳を目前に控える、ライターJaimee Ratliff氏。ここで紹介するのは、彼女が人生を振り返って導き出した「教訓」の数々です。
その内容は、仕事から人間関係に至るまでさまざま。中にはかなり個人的なものも含まれていますが、彼女と同世代の人なら共感できる部分も多いはずですよ。

さあ、あなたは
どれだけ共感できる?

01.
人生の責任は、自分で取らなければならない。ある時から、この事実にコミットできるようになる。

02.
見たり聞いたりするよりも、実際に“体験”するほうがいい。体験に興味をもってくれる人はいるけれど、“予定”に興味を持つ人なんていないのだから。

03.
どれだけ時間を割いて悩みを聞いてあげても、結局、人は自分で立ち直ることしかできない。

04.
他人と一緒は嫌だと思っていると、知らないうちに人を避けることになる。でも、本当はどんな人と一緒に過ごすかが大事なのだ。

05.
やらなければならないこと、やりたいことの両方をやるのは大変。でも、幸せのためにはどちらも必要。

06.
人生に偶然なんてない。自分がどのように考え、話し、行動しているかで、出会う人だって決まってくる。

07.
自分のことをよく思わない人と、頑張って付き合う必要なんてない。そこにパワーを使うくらいなら、自分と合う人たちと楽しく、建設的な時間を過ごそう。

08.
困ったときに助けてくれる人は、家族や友達だけではない。もしかしたら、まったく知らない人が助けてくれることだってある。

09.
出会う人みんなに優しく接するべき。その人とどこでまた出会うかもしれないし、もしかしたら人生の重要なポイントで、優しくしなかったことを後悔するかもしれない。

10.
周りに流されず、自分がやりたいと思ったことをやろう。

11.
人と違うことを心配するよりも、その点を自分の魅力だと考えよう。理解してくれる人は絶対にいるはず。

12.
何事にも頑張って打ち込むと、運気が上昇する。

13.
いつ、どんな時でも自分のことを認めてあげよう。過去に望んでいた自分になれていなくても、自分が頑張っていることは分かっているはず。自分のことを愛せない人は、他人からも愛されない。

14.
他人を変えることはできない。相手に合わせて自分を変えるしかない。もしくは、サヨナラをするか。

15.
自分のことだけでなく、他人を思いやれる人になろう。

16.
一般的な“イイ人”が、必ずしも自分にとって“イイ人”だとは限らない。

17.
人生、落ちるのは簡単だが、そこから這い上がるのはとてつもなく難しい。

18.
人は1人で生まれてきて、1人で死ぬもの。誰かのサポートで自分を補おうとしてはいけない。

19.
こんな人との恋愛はムリ!というリストを作る暇があったら、外に出かけて、自分のことを好きになってくれる人を見つけよう。

20.
人生はタイミングがすべて。タイミングが合わないときは、潔く諦める。

21.
すべてのことが自分の思い通りになるわけではない。ときに厳しく、ときに傷つくけれど、それが人生。

22.
手放すことは、必要だとわかっていても難しい。でも、成長するためには欠かせない。

23.
誰かに傷つけられたときには、鏡を見よう。そして、「あなたは大丈夫」と語りかけてあげよう。

24.
ほとんどの人は、あなたが本当に欲しいものを知らない。誰かに勧めてもらったものを買うときには、よく考えて。

25.
幸せは連鎖するもの。自分のためだけに行動しているうちは、幸せはやってこない。

26.
ただでさえ、人とうまく付き合うのは大変。それが結婚生活になるとなおさらだ。

27.
1人でいるのが楽しいと思っているうちは、恋愛はできない。

28.
他人のために何かをしてあげるのは大切なこと。でも、自分のために何かをする余力は常に残しておいて。

Licensed material used with permission by Jaimee Ratliff

関連記事リンク(外部サイト)

自信に溢れた女性たちの「7つの秘密」。彼女たちが、絶対にしないコトとは?
世界の有名CEOが語る、心動かす25の名言。「決断する前に、読んで欲しい」
長続きするカップルに共通する「8つのサイン」。とくに#8は意外

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP