ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

失恋後、4人に1人が1年以上引きずる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

恋人と別れてしまったとき、忘れるためにある程度の時間が必要である。そこで「別れた相手を忘れるまでにかかった期間」について、独身の男女500人を対象に調査した。

元恋人を「3ヶ月以上忘れられない」人は5割以上

出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年9月)
「別れた相手を忘れる期間」についてたずねたところ、「全く引きずらなかった」が28.0%と最も多く、次いで「3ヶ月未満」が17.5%となった。よって、残りの54.5%の人は「3ヶ月以上忘れられなかった」ことが明らかになった。また、その内の27.1%、つまり約4人に1人「1年以上忘れられなかった」経験があることが判明した。

約6割の男性は「3ヶ月以上」引きずってしまう

出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年9月)
男女別に見ると、男性は「全く引きずらなかった」が23.4%、「3ヶ月未満」が17.5%となり、残りの59.1%の人が「3ヶ月以上忘れられなかった」という結果となった。「忘れられなかった理由」としては、「思い出してしまう」という声が圧倒的に多く、特に別れてから1年以内の間は、頭の中に元彼女の存在がよぎってしまう男性が多く見られた。

女性は「新しい恋」によって過去を忘れられる

出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年9月)
一方で、女性は「全く引きずらなかった」が32.5%、「3ヶ月未満」が17.5%となり、残りの50.0%の人が「3ヶ月以上は忘れられなかった」という結果となった。「3ヶ月以内に忘れられた」という人は男性よりも10%近くも多く、女性の方が未練を断ち切る人が多いことが判明した。女性の場合は、「次の恋が始まった」、「新しく好きな人ができた」といった声が多く、新しい恋によって過去の恋をキッパリ忘れられる人が多いのかもしれない。

 

男性の恋は「別フォルダ保存」、女性の恋は「上書き保存」などとよく言われるが、男性より女性の方が新しい恋を過去の恋に上書きする人が多いようだ。男性は失恋後、思い出すことがなくなるまでの時間が女性より必要なのかもしれない。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP