ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古くなったクレヨンで子どもを「笑顔」にする、お父さんのナイスアイデア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「私たちが届けたクレヨンで子どもたちが遊び、10分だけでも病院の中にいることを忘れられたら。このプロジェクトは成功だと思うね」ーThe Crayon Initiative

アメリカでは、まだ使えるにも関わらずレストランや学校などから、毎年約3万キロものクレヨンが捨てられている現状にあります。
この状況に待ったをかけたのが、サンフランシスコに住む2児の父親、Bryan Wareさん。
彼は捨てられるはずのクレヨンを再利用して、病院の子どもたちに配る活動「The Crayon Initiative」をスタートしました。

使用済みクレヨンが、
新しいクレヨンに生まれ変わるまで

この活動は、まず学校やレストランなどで捨てられる予定だったクレヨンを集めるところから始まります。

集まったクレヨンを色ごとに振り分けていきます。

振り分けられたクレヨンを色ごとに溶かします。

溶かしたものを、専用の型にいれて冷やします。

これで完成!新しくパッケージされたクレヨンは、カリフォルニア中の病院に配られます。

一度しか使ってないのに
捨てるのは勿体ない!

Wareさんはこのプロジェクトを、2011年に思いついたそう。その理由はレストランでのある体験だったと語ります。

「レストランで僕の誕生日パーティーを開いてもらった時に、ウェイターが息子にクレヨンを持ってきてくれたんだ。その時は少し遊んだだけで終わったんだけど、そのクレヨンをどこに持っていくのかな?と疑問に思って。もし捨てられていたら勿体ないと思ったんだよ」

クレヨンで
子供たちに笑顔を届ける

活動を開始して2年。現在では、2,000ケースものクレヨンを病院に寄付しました。今後は、アメリカの他の都市にもこの活動を広げていきたいとか。

BryanさんをはじめとするThe Crayon Initiativeは、今日も子どもたちにクレヨンを届けています。彼らの活動を応援したいという方は、こちらから。

Licensed material used with permission by The Crayon Initiative

関連記事リンク(外部サイト)

【ちょっとイイ話】結婚式で使われた「ウェディングフラワー」の素敵な行方
熊本の幼稚園が、世界中で絶賛されるワケ。「雨水」が建物の中に入ってくる?
オランダが、プラスチックを再利用して道路をつくる初めてのエコな国になるかもしれない

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP