体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜でコスパに優れるチキンカツカレーがあるらしい @『いちばん』横浜

ichiban-5_R

今回は横浜にある『いちばん』の『チキンカツカレー大盛り』を紹介してみましょう。

筆者的には東の横綱『豊野丼』で天丼を食べたあと、ふらふらと散歩し、夕方までの時間を『いちばん』でワンクッション入れる事が多いです。

ichiban-14_R

この『いちばん』は混雑する時間帯を避ければ、喫茶店的な何かとしてのんびり過ごす人が多く、昼間でもイイ感じに酔ったオッサン達の憩いの場所になっている事があります。

『チキンカツカレー大盛り』を食す!

ichiban-15_R

そんな感じの店なので、筆者的にも『いちばん』でガッツリ食べる事は無かったのですが、何気に盛りの良さでソッチ系の人達に人気の店でもあります。

と、言う訳で筆者も『いちばん』で噂の『チキンカツカレー大盛り』(810円+108円)を食べてみる事にしました。

ichiban-2_R

結果、この写真の『チキンカツカレー大盛り』が来た訳ですが、正直『豊野丼』の後に食べるには、ちょいちょいキツい予感です……。

コスパ重視の潔いチキンカツ!

ichiban-7_R

まずカツカレーと言えば豚さんの”ロースカツ”を思い浮かべます。

しかし!

時にはカツカレーのカツが”チキンカツ”である事も正義かと存じます。確かにロースカツの方が幸せになれる予感ですが、普通のロースカツよりは

「チキンカツの方が大きい事が多い」

と言う点も忘れてはなりません。なので、コスパを重視して

「節約したいけどカツカレー的なモノも食べたい!」

みたいな筆者的には良くあるシチュエーションにおいて、チキンカツを選ぶのは決して敗北ではないのです。

可もなく不可もないカレー

ichiban-6_R

ちなみに『いちばん』のカレー自体は、さして大騒ぎするほどのパフォーマンスはありません。

ichiban-11_R

特別デリシャスと言う訳でもなく、普通に美味しい普通のカレーと言った感じです。

「個性がないのが個性」

『AKB48』にも似た売り方ですが、逆に時代のトレンドに乗ったカレーとも言えます。

そもそもが『いちばん』はカレー専門店でも洋食屋さんでもない”普通の定食屋さん”ですから、このカレーでも十分に使命を果たす事は出来るでしょう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。