ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイス好き必見!次回の旅は世界一のアイスクリーム都市で決まり!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Alessio Damato (Self-photographed) [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

TRiPORTライターのヤマガミです。

アルゼンチンには、とてもアイスクリーム屋さんが多いそうです。首都であるブエノスアイレスの名物の一つとして、アイスクリームが挙げられることもしばしば。この国ではアイスクリームは「Helado(エラド)」と呼ばれ、とても愛されているデザートなのです。

アルゼンチンでは農牧畜業がとても盛んで、ミルクもおいしく、それが原材料となっているアイスがおいしいのにも納得できるような環境が整っています。アルゼンチンのアイスクリームの起源はイタリアにあるそうです。イタリアのアイスクリームの歴史は古く、19世紀末、1881年頃にアイスクリーム屋さんが誕生したと言われています。その伝統が、アルゼンチンにも継承されているのです。

世界一おいしいアイスクリームの国

アルゼンチンのアイスクリームは、とてもリーズナブルなことでも知られています。そして味は「世界一おいしいアイスクリームの国」と言われるほどで、こってり系アイスがお好みの人は絶対に行ったほうがいいと評判です。まるで北海道のミルクソフトのような濃厚な味わいに感激する人も多いのだとか!

イタリア人移民の影響を受け、ジェラート系を中心にアイス文化が非常に発達した大都市「ブエノスアイレス」。わずか1ブロックの間で3軒アイス屋さんが存在している場所もあるほど人気があります。基本的にはどのお店もハズレはないようですが、迷ったときは地元の人に聞くのが一番! きっと素敵な場所を紹介してくれるはず。アイスクリーム好きはたまらない、絶対に訪れるべき都市なので、次回の旅の候補地として覚えておいてくださいね!

ライター:マリアヤマガミ
Photo by: Alessio Damato (Self-photographed) [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

アルゼンチンの旅行記はこちら

*Takuo Shikata「響き渡る轟音とジャングルに広がる水のカーテン
*Kenji Kawara「アルゼンチン ブエノスアイレスは思ったよりのんびりな街

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP