ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャニー社長が国分を祝福 「結婚は1グループ1人」も変化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3才年下の元TBS社員のA子さん(38才)と結婚したことを発表したTOKIOの国分太一(41才)。所属事務所の社長であるジャニー喜多川氏(83才)も大喜びで、駆けつけた記者にこう喜びの言葉を口にした。

「きちっと電話をいただいて、『報告します』と。感動しましたよ。おめでたいです。彼はものすごくまじめだし、仕事も一生懸命やっている。自分の責任のもとで結婚するのならば、(タレントを)認め信じながらやっていくのは当たり前だと思っています」

 そして、「(立場上)奨励するわけにはいかないけど」と前置きをした上で、こう続けた。

「アイドルとはいえ適齢期になったら遠慮なく結婚すべきです。奥さまが必要だし、将来、子供も必要だしね。それは流れとして当然のことで、なかったらかわいそうです。その上で我々は応援するだけです」

 この発言は、多くの関係者を驚かせた。

 2008年6月に交際が報じられ、2009年4月には雑誌のインタビューで堂々交際宣言をしたものの、すぐにふたりが結婚することはなかった。

「やっぱり、ジャニーズの結婚“鉄の掟”のせいで結婚できないのではないかと…。“1グループに結婚できるのは1人だけ”という暗黙のルールが存在するとされていましたから」(芸能関係者)

 確かに、当時のジャニーズ事務所に所属するタレントで結婚していたのは、近藤真彦(51才)をはじめ、少年隊の東山紀之(48才)、SMAPの木村拓哉(42才)、TOKIOの山口達也(43才)、V6・井ノ原快彦(39才)と、少なかった。

「国分さんの場合はすでに山口さんが結婚していたためGOサインが出ないんだろうといわれていました。でも実際には違います。今回の結婚もそうですが、鉄の掟なんてありませんし、かなり自主性に任されているんです。ただし、彼らは多くの女性ファンを抱えるアイドル。ファンのことを顧みずに結婚していいわけではもちろんない。以前、デビュー間もない時期に結婚したいとかけ合ったメンバーがいたそうですが、それは認められませんでした。老若男女を問わないファンから支えられるようになればOKだという意識を持っていると思いますよ」(前出・芸能関係者)

 現在、アイドルの形は多様化し、ニュース番組のレポーターやコメンテーター、バラエティーや情報番組の司会から料理番組、もちろん俳優業まで活躍の場は広がっている。その結果、SMAPやTOKIO、V6、嵐など、彼らのファンは老若男女を問わず、国民的タレントといっても過言ではないだろう。

「国分さんが結婚に踏み切れたのは、まさにそうした背景があったから。彼は『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で“もう1つステージを上げるつもりで結婚ということを選択しました”と語っていましたが、芸能生活を長く第一線でやっていくにあたって、結婚もステップアップだと考えたのではないでしょうか。ジャニーさんが異例のメッセージを発したのも、他のタレントも、国分さんのように自分のポジションを見極めた上で、人生の選択をする必要があるという激励なのだと思います」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2015年10月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジャニーズJr.京本大我 今の僕がいるのは滝沢くんのおかげ
ファンと結婚の大場久美子 柳葉敏郎やCOWCOW多田も
山本モナ改め中西モナさん 妊娠の質問に小さくガッツポーズ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP