ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』より「キャロルの典礼」など合唱シーンが一部解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 公開中の映画『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』の本編映像の中から、合唱シーンが一部公開された。

 劇中では、日本のわらべ歌「ほたるこい」など計14曲の合唱曲が使われており、今回公開されたのは2曲。主人公ステットの学校に、スカウトに来たエリート少年合唱団が披露するブリテン「キャロルの典礼」の中からVI「この小さな赤ちゃんは」。そして、晴れて合唱団に入部したステットがメインのメンバーとして参加しているイエール大学ウールジーホールでのヘンデル「ジョージII世の戴冠式アンセム」の第1番「司祭ザドク」だ。本作は年間で200ものツアーをこなす全米でも有数の合唱団、アメリカ少年合唱団をモデルとしており、劇中に登場する合唱団もメインのキャスト以外はアメリカ少年合唱団のメンバーが出演。透き通った歌声が織り成すハーモニーを、スクリーン越しに楽しむことができる。

 本作は、厳しい生活環境で暮らしていた主人公が、母親の事故をきっかけに、ボーイソプラノとしての才能を開花させ、人生へ立ち向かっていくというストーリー。『グレン・グールドをめぐる32章』や『レッド・バイオリン』を手掛け、近年ではオペラの演出家としても活躍しているフランソワ・ジラールが監督を務めている。

◎映画『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』合唱シーン
https://youtu.be/HbbR7t3hUQQ
出演:ダスティン・ホフマン、ギャレット・ウエアリング、キャシー・ベイツ、デブラ・ウィンガー
ジョシュ・ルーカス、エディ・イザード、ケビン・マクヘイル 他
監督:フランソワ・ジラール 脚本:ベン・リプリー 原題:BOYCHOIR
(C)2014 BOYCHOIR MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
提供:アスミック・エース/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 配給:アスミック・エース
TOHOシネマズシャンテ他全国公開中

関連記事リンク(外部サイト)

映画『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』登場楽曲にブリテン、フォーレ、トマス・タリス、アディエマス他
フランソワ・ジラール監督「音楽は人の心に直接訴える力がある」、最新作『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』が間もなく公開
「glee」でアーティー役を演じたケヴィン・マクヘイルが合唱指導者に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP