ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セグウェイ風の電動スケボー!浮遊感と音楽を楽しめる「Hoverboard」がクール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電動スケートボードはすでにいくつか商品化されているが、間もなく登場するのは、なんとタイヤが1つしかない「Hoverboard」。

LEDで“車体”を光らせたり、備え付けのスピーカーで音楽も楽しめたりと、遊び心満載だ。

・浮遊しているような乗り心地

商品名が「Hoverboard」となっているが、地面から浮遊するホバーボードというよりは、スケートボードの進化版という感じ。ただし、浮遊しているような乗り心地を楽しめるのだとか。

既存のスケボとは大きく異なるのがデザイン。まず、ボードの中央に大きめのタイヤが1つという外観が目をひく。

乗る時にはタイヤが両足の間にくるようにボードに立ち、バランスをとる必要がある。そしてセグウェイのように重心の傾きで進行方向をコントロールする。

・車体を好きな色に光らせられる!

加えて、デザインで面白いのが、ボードの淵部分とタイヤの下部をLEDライトで光らせられること。こちらは、アプリで好きな色に設定可能だ。

また、乗っている時により楽しめるようにスピーカーも内蔵されていて、音楽を聴きながら街中を滑って移動することができる。

・16分で充電完了

Hoverboardは最大時速26キロ、1回の充電で19キロ走行できる。充電にかかる時間がわずか16分というのは驚異的だ。

難点は、11キロとやや重めなこと。乗っている途中でバッテリー切れになると辛いかもしれない。

Hoverboardは明日17日にもクラウドファンディングサイトKickstarterに登場予定で、価格は4000ドル〜となる見込み。

気になる人はまずデモビデオをチェック!

Hoverboard

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP