体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユナイト、ツアー裏ファイナルで大晦日カウントダウンライヴ開催を発表

ユナイト、ツアー裏ファイナルで大晦日カウントダウンライヴ開催を発表

ユナイトの夏のワンマンツアーの裏ファイナル、モバイルファンクラブ限定ライヴ「君たちも明日はない」が、9月12日に東京・新宿BLAZEで行われた。

――君たちも明日はない。

扇動的なタイトルが掲げられた裏ファイナル。会場となった新宿BLAZEは開演前から異様な熱気に満ちていた。ピンク、青、オレンジなど、好きなメンバーの色を示す光るブレスレットを両腕に幾重にも身につけ始まりを待つファン。閉じられていた黒幕が開くと、フロアは一気に沸き立った。

〈70億分の1で 君に出会えた奇跡 この価値を今考えて〉

ボーカルの結が問いかけるように歌い始めた。ステージが七色に輝き出す。「アイ-’ation-」で始まったライヴは、舞台からもフロアからも熱が放たれ、思いが混ざり合っていく。当たり前のことなんて何もない。今、この時を大事に。強い絆を紡いできたユナイトとU’sの間にまばゆく光る虹色のアーチが架かった。

「それでは新宿のみなさま。〈イタダキマス〉」と始まった「ice」では、屈折した愛を歌い上げていく。おどろしいゴシック世界。思いが募るあまり、相手を殺めてしまうラストでは、結が〈ゴチソウサマデシタ〉と不敵に笑った。

4枚目のアルバム「UNiVERSE」を引っさげ、7月13日の高田馬場AREAから東京、大阪、北海道など16都市をめぐったツアーは、U’s、自らと真摯に向き合おうと、「俺たちに明日はない」と銘打ち、1本1本をファイナルと思い臨んできた。互いの熱を確かめようと、アンコールの曲を決めず、本編を終えU’sからの「アンコール」の声に本気度を感じたら、再登場するという過酷な手法を選んだ。

「アルバムを一緒に育てていこう」と願いステージに立ってきた。8月30日、岡山IMAGEで行った最終公演では、歌唱中にスピーカーの音が出なくなるハプニングもあったが、U’sが合唱し5人を支え、トラブルを乗り越えるなど絆を深くした。

互いの愛情をぶつけ合ってきた18公演。締めくくりは盛大にと、「ハイスピードフェイスレスネス」では、〈愛をちょうだい〉と叫ぶU’sが、両手でハートマークを作り全身全霊で愛をささげ続ける。「暴れていこうか」とあおった「—キリトリセン—」では、身体を撃ち抜くような椎名未緒の激しいギターが、フロアに襲いかかる。真っ赤に燃え上がったステージでは、十字架にかけられたキリストのように結が両手を大きく広げ聴衆を圧倒した。

中盤にはギターのLiNが、モバイルファンクラブサイトで配信している「1分動画」を生で収録しようと提案し、敏腕マネージャーがステージに登場。LiNの「行けるか-、裏ファイナル!」の声に合わせ、手を振るなどしメンバーとU’sが共演した。「これだけの声援が…」と画面を見つめた未緒が、「オレたちの、あれが」と視聴者にU’sを紹介し始めると、ファンから「あれとは・・・?」と突っ込み。すぐに切り返すことができなかった未緒は「やばい。●●って言いそうになった。こういうこと言うと反感買うから。●●だとしてもオレは、愛しているよ」と告白すると、会場から笑いが。反応が気になったのか、未緒は「みんなのこと、オレが好きだってこと、伝わっていないと思って。広島ワンマンの後にSNSで、『みんなのこと好き』って言ったら、『酔っているんですね』って言われて・・・」と肩をすくめると、ドラムの莎奈が「お酒に?自分に?」と関西人らしい鋭い突っ込みを入れ、爆笑を誘っていた。

窮地に立った流れを変えようと未緒は「ここで耳寄りな情報があります」と呼びかけ。来年3月29日に来る結成5年目に向け、「Road to 5th Anniversary」と題した企画があることを紹介し、公表している第1弾、第2弾に続いて、第3弾の詳細について、「大みそかにカウントダウンのワンマンライヴをやりたいなと思っています。会場がとても狭いので2部制に、未成年と成年の部があります。場所とかは続報を待って下さい」と言い、「これがうまくいったら、年越しは毎年、沖縄でするのが夢なんです」と野望も語っていた。

うれしいサプライズに歓声がやまない会場に向かい、結が「うれしい?じゃあそのうれしさをオレたちに声で届けて」と始まった、「timeSICKness」では、結とLiNが歌でかけ合い。U’sもLiNとともに声を挙げ楽しそうに左右に揺れていた。

「オレはやっぱり、人が笑っている顔を見るのが好きなんだよね。一緒に楽しい空間を作っていこう」と笑顔が広がるフロアを愛おしそうに見つめた結。「しっかりついておいで」と始まった、「Cocky-discuS」ではタオルを振り回してファンが応戦。中央から下手、上手に分かれ交互にタオルを上げ下げするなど、パーティーのような大盛り上がりでフロアを熱くした。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。