ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外国人観光客 ツアーのトレンドは「体験」へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。9月15日のオンエアでは、外国人観光客向けツアーのトレンドに注目しました。

多くの外国人客が訪れる、東京・浅草。いままでの外国人観光客向けのツアーは、観光地を巡って写真を撮ったり、お土産を買ったり、日本食を食べる……というのが一般的でしたが、最近そのスタイルが変わりつつあるようです。

たとえば、浅草の名所を巡る移動型のエンターテインメント・バスツアー「サムライ&忍者サファリ」は、忍者や侍に扮したプロの役者が、英語で観光案内や殺陣を披露してくれます。最近では、従来の観光地巡りに加えて「体験」をプラスしたものがトレンドとなりつつあるよう。

訪日外国人旅行者向けの観光ガイドサービスを行う「トラベリエンス株式会社」代表の橋本直明さんによれば、今、外国人観光客に人気があるツアーは、自転車でサイクリングしながら観光地を巡ったり、都内の料理教室に参加して寿司を作ったりして日本食を学べるものなどで、埼玉の盆栽ツアーでは「こんな小さな木があるなんて!」と感動する外国人観光客もいるとか。

ツアー以外でも「体験」は人気。表参道の「OMOTESANDO KOFFEE」は、古民家を改造したカフェで、そこには外国人がイメージする日本庭園があることから、観光客の支持を集めています。また、日本独自の文化である「食品サンプル」を自分で作る工房も外国人に人気ですね。

橋本さんによれば、「我々が当たり前に感じているものに興味を示す」という外国人観光客。従来の与えられる観光から、自ら体験する観光が今後も注目されそうです。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP