ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

9月は健康強化月間!夏の疲れに、旬の秋野菜を使った“いたわりレシピ”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近頃日が短くなり、気温も下がってきましたね。
この時期の身体はとても繊細。夏の間に溜まった疲れと冷えはしっかりと身体の内側から和らげましょう。
旬の野菜・果物を上手に取り込んだ栄養満点レシピでハッピーな秋・冬に備えましょう。

・9月に旬を迎える食材
かぼちゃ・さつまいも・さといもは秋~冬に旬を迎えます。オクラやゴーヤは夏だけが旬と思いきや、この時期まで美味しい味わいを楽しめます。
neoLのおすすめは、バターナッツスカッシュとビーツです。アメリカでは定番の野菜で、食卓に彩りを与えてくれます♪都内各所で開催されるファーマーズマーケットなどで手に入ります。

・秋の身体はとても繊細!食べ物には要注意!
この時期の身体はとても繊細。
夏に食べた冷たい飲食物や冷房が影響して、内蔵や自律神経のバランスは崩れがちです。ひどい場合は食欲不振や疲れの症状が出てきます。
そのためこの時期は弱った胃腸の働きを整えるために、温かい食べ物を食べるようにしましょう。ゆっくりよく噛んで、旬の秋野菜を楽しんでみてはいかがでしょう。

<1.シンプルだからこそ美味しい♪秋野菜のラタテューユ>
■材料
玉ネギ・ニンニク・ピーマン 各2個ずつ
茄子・ズッキーニ 各1個ずつ
プチトマト 8個
ローズマリー・タイム 3束ずつ
オリーブオイル・塩コショウ 適量
■作り方
準備;オーブンを180℃に温めておく。野菜は薄くスライスする。
1.スライスした野菜を耐熱皿に並べ、ローズマリー・タイムも上に乗せる。塩コショウ・オリーブオイルを全体にかける。
2.耐熱皿をアルミホイルで封をして45分間オーブンで焼く。
3.アルミホイルを外して更に45分間オーブンで焼く。ハーブを取り除いたら出来上がり!次の日は更に美味しく召し上がれます。

<2.やみつきになる美味しさ♪きのことガーリックのブルスケッタ>
■材料
マッシュルーム 200g
ニンニク 2個
オリーブオイル 大さじ1
スライスしたフランスパン 2枚
海塩・コショウ 適量
■作り方
1.オリーブオイルをしいたフライパンを温め、ニンニクを加え30秒程炒める。更にスライスしたマッシュルームを加え、柔らかくなるまで炒める。
2.フランスパンにオリーブオイルを少量かけ、トースターで軽く焦げ目がつくまで焼く。最後に炒めたマッシュルームを乗せ、塩コショウで味を整えたら出来上がり!

<3.蜜入りさつまいもを使って!チーズとトマト香る焼き芋>
■材料
さつまいも 2個
フェタチーズ 50g
オリーブ 25g
ドライトマト 25g
パセリ 1つまみ
オレガノ 小さじ2(ドライオレガノを使う場合小さじ1/2)
オリーブオイル 大さじ1
塩コショウ 適量
■作り方
準備:オーブンを180℃に温めておく。さつまいもは軽く洗っておく。火を通りやすくするためにフォークでさつまいもに穴を開ける。
1.さつまいもをオーブンで1時間程焼き上げる。
2.さつまいもを焼いている間に、トッピングを用意する。フェタチーズ・オリーブ・ドライトマト・パセリ・オレガノをボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。
3.焼き上がったさつまいもに切り込みを入れ、食べやすく皮を剥がす。最後にチーズトッピングを乗せ、オリーブオイル・塩コショウを全体にかけたら出来上がり!

先程おすすめしたバターナッツスカッシュはシンプルにオーブンで焼くのがおすすめです。またビーツはハーブとの相性が良いため、タイムやローズマリーと共に軽く炒めてみましょう。
是非この時期は夏の疲れが溜まっている身体を、美味しいご飯でいたわってあげましょう♪

「CheatSheet Eating」
http://www.cheatsheet.com/life/7-fall-foods-to-add-to-your-diet-now.html/?a=viewall
「BuzzFeed」
http://www.buzzfeed.com/emofly/end-of-summer-ratatouille#.mpE0z0Xj1
「Gourmande in the kitchen」
http://gourmandeinthekitchen.com/2012/baked-feta-stuffed-sweet-potato-recipe/
「DONAL SKEHAN」
http://www.donalskehan.com/2010/04/simple-garlic-mushroom-bruschetta/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP