ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全長なんと100メートル!村上隆の五百羅漢図がいよいよ日本で初の里帰り展示!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本では2001年以来実に14年ぶりとなる村上隆氏の個展「五百羅漢図展」が2015年10月31日(土)〜2016年3月6日(日)まで開催されます。

今季あの14年ぶりの個展は新作の数々で構成される展覧会になるそうですが、Japaaanが注目なのはなんといっても、本展のタイトルにもなっている、日本で初の里帰り展示となる村上隆氏の「五百羅漢図」です。

村上隆の五百羅漢図展

宗教と芸術、人間の死や限界をテーマとなっているそう。

五百羅漢図を描いた狩野一信や長沢芦雪に触発された村上隆氏は、延べ200人超のスタッフと共にこの「五百羅漢図」を制作されたそう。中国の古代思想で東西南北を司る四神(青竜[せいりゅう]、白虎[びゃっこ]、朱雀[すざく]、玄武[げんぶ])の名を冠した4面で構成され、全長はなんと100メートルで世界の絵画史上最大級の作品となります。

村上隆「五百羅漢図」

狩野一信「五百羅漢図」(部分)

長沢芦雪「方寸五百羅漢図」

日本では初公開となる本作品ですが東日本大震災後にいち早く支援の手を差し延べてくれたカタールへの感謝を込めて、震災の翌年2012年にドーハで初めて発表されました。

そして「カプセルフィギュアセット前売り券」には五百羅漢図に描かれたキャラクターを海洋堂によってフィギュア化したカプセルトイが付いてくるそうです。1000枚限定とのこと。展覧会開催中は特設ショップでも500円でフィギュアが購入可能となっています。

五百羅漢図フィギュア

14年ぶりとなる村上隆氏 個展「村上隆の五百羅漢図展」は2015年10月31日(土)〜2016年3月6日(日)まで六本木 森美術館で開催されます。

村上隆の五百羅漢図展 ::: 森美術館

長沢芦雪「方寸五百羅漢図」出典: 弐代目・青い日記帳

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

可愛い妖怪たくさん!「東京モノノケ」ちょっとクセあるかわいいイラストがステキ
合戦や戦争に注目した浮世絵展「浮世絵の戦争画」開催!歌川国芳や月岡芳年の作品も
おぉ、読めるぞっ!同じ文字でも正反対の意味に、アンビグラムで描いた漢字たち

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。