ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CAPESON、1年以上の制作期間を経て1stEP「PORTRAIT 1」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シンガーソングライターのCAPESONが9月16日、Tokyo Recordingsから1stEP「PORTRAIT 1」をリリースした。

CAPESONは1989年生まれ、東京出身の日本人シンガーソングライター。幼少期をボストンで過ごし、アメリカの音楽文化を直に受けたことをきっかけに音楽活動を開始。その音楽性は正統派R&Bの力強さとUKオルタナティブに見られるような陰鬱さが見事に融合されており、類まれな存在感を放つ。

リリース前にも関わらず、「フジロックフェスティバル’15」に出演したAqualung(Matt Hales)との共作が実現。デビュー前からすでに世界から注目を浴びている。

そんな彼の圧倒的な声量と繊細なファルセットに感動したTokyo Recordingsに請われ、2014年夏頃から密かに制作活動を開始。OBKR(from N.O.R.K.)と若干24歳のプロデューサー・小島裕規と共に、1年以上の制作期間を経て「PORTRAIT 1」を完成させた。彼の放つ記念すべき初EPに、これから大きな注目が集まりそうだ。

また、YouTubeでは「Walk Away」のMVが公開されているので、こちらも是非チェックをしてほしい。

EP「PORTRAIT 1」
発売中
TYO-0002/¥1,400
<収録曲>
1. Leave You Alone
2. Walk Away
3. Latent
4. Back In The Day

「Walk Away」MV
https://youtu.be/dUiLX4nWtRw

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP