体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2022年W杯に採用された「水面に浮かぶ家」が、オシャレすぎる!

WaterNest 100-01waternest150914-01

自然と調和して暮らしたい(しかも、快適性も担保しつつ…)。そんな住宅がついに登場! なんとこの家、水に浮かんでいるらしいんです。

水面にポッカリ浮かぶ
デザイナーズ住宅

WaterNest 100-01

ローマに拠点を置く、イタリア人建築家Giancarlo Zema氏は、海洋公園や水中庭園、フローティングスペースをはじめ、水辺の建造物に特化した異色の建築デザイナーです。ウォーターフロントを知り尽くした彼が、新たにデザインしたのは、生物たちの生態系を邪魔しない生活空間。

「Water Nest 100」は、太陽光発電を100%利用した、まさに生き物と同化する優しい未来型ハウスとして、現在、注目を浴びています。水辺の動植物の生息地に人間が“お邪魔する”気持ち。だから、98%リサイクル可能な資材にこだわり、穏やかな水面にまるで浮かんでいるかのように建てられています。
Zema氏のもう一つの特徴。それが「生物界からインスピレーションを得てデザイン」される、自然でなめらかなライン。この水面の家も「小枝を使って水面に巣をつくる水鳥」から着想を得たんだとか。

アレンジ自在の室内
太陽光パネルで100%自家発電

WaterNest 100-03 WaterNest 100-04

屋根の上に配されたおよそ60平米の太陽光発電パネルで、家屋のすべての電力をまかなう仕組み。家屋を支えるメイン素材はラミネート加工の木材を組み合わせ、100平米の開放的な室内を支えています。直径12メートル、高さ4メートルの「Water Nest 100」は、パーテーションを組み変えるだけで、住居からオフィス、レストランやバー、ショップ、展示ラウンジへと用途に合わせてアレンジが可能な設計。
例えば、住居とした場合、ほとんど水面と目の高さが一緒になるため、ベッドで横になっていると、まるで水面に浮かんでいるかのような感覚になるんだそう。もちろん「Water Nest 100」は、湖だけでなく、川岸でも海岸線でも入江でも、穏やかな水の流れであればどこでも建設ができるそう。

サッカーW杯カタール大会で
ホテルとして採用!?

WaterNest 100-05 WaterNest 100-07
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会