ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナノテクノロジーで、スマホをどこでもピタッと貼り付け!「NanoHold」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ナノテクノロジーで壁にスマホをピタッと貼り付けて、ハンズフリーで写真撮影ができる「NanoHold」が発表された。

Kickstarterにて3000ドルを目標に資金集めをしたところ、なんと5倍の約1万5000ドルが集まり、商品化が期待されている。

・吸着力の秘密は顕微吸盤“NanoSuction”

「NanoHold」最大の特徴は、“NanoSuction”という顕微吸盤がガラスなどの平らな表面に吸い付くこと。

ステッカーのようにベタベタせず、繰り返し使えて、スマホやタブレットなども安心して壁に取り付けられる。

クレジットカードと同じ大きさに、5枚の特殊レイヤーを挟み込み、ホールド力を強化した「NanoHold」。

使わない時はプラスチック・シートをかぶせておくことで、何度でも使用できる。

吸着力が落ちた時のメンテナンスも簡単で、ウエットティッシュで拭くか、セロテープで汚れを取り除くだけ。

・1枚6ドルのナノテク・ガジェット

お値段が安いのも、世界中から多額の出資金が多く集まっている理由かもしれない。

9月20日まで、6ドルで「NanoHold」1枚を予約購入可能。配送開始は来月を予定している。

スマホで写真を撮る時はもちろん、キッチンの壁に貼ってレシピを見たり、使い方はいろいろ。

セルフィー・スティックよりスマートに撮影できる「NanoHold」が、日本の量販店でも発売される日が来るのか?今後の商品展開に期待したい。

NanoHold

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP