ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「長崎新聞」の配達が世界一美しい理由(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、というのも、字幕にはこのように出てくるのです。

午前0時15分、街のにぎわいも落ち着くころ、新聞の印刷がはじまる―。実はこの動画、長崎新聞の配達ルートをデータMAP化する「The Way」プロジェクトに関するもの。急な坂道で入り組んだ市街地や594の離島、総延長4,189kmの海岸線といった、およそ日本でもっとも複雑な交通網をかかえる長崎県。そこで働く配達員2,285名による日々の軌跡が、美しい景色とともに映し出されます。本プロジェクトでは、配達員にGPS受信機を配布し、印刷センターから県内各地へ広がっていく長崎新聞の配達データを収集。そうして地図データ上に集約・配置することで、配達の軌跡を可視化するビジュアライズMAPを制作したというわけ。その光の美しさは一見の価値アリです。世界中のニュースが即座に飛び込んでくるこの時代に、情報を直接配達することの意味とは?そして「ハイパーローカルメディア」として、地域に密着することの意義とは?

これらの問いに対して、長崎新聞が改めて日々の営みを再確認し、実施へと至った本プロジェクト。彼らが導き出したその答えを、ぜひ以下の動画でチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by 長崎新聞社

関連記事リンク(外部サイト)

新種のタコを海底で発見!その姿が「世界一可愛い」と話題に
「食べられる花」を使った最新スイーツ!見るだけで女子力が上がりそう!
ヤマト運輸の新しい社員「クロネコ」が、めちゃめちゃ仕事ができるらしい(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP