ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がこの夏は何点だったかを報告

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デビュー日である9月9日に、55枚目のシングル『Otherside/愛が止まるまでは』をリリースしたSMAP。彼らはこの夏をどんなふうに過ごしたのか? 稲垣吾郎(41才)、草なぎ剛(41才)、香取慎吾(38才)にこの夏の充実度を聞いた。まずは、香取慎吾。

「充実度は78%にしておこうかな、80%だと多すぎちゃう気もするから。ぼくの78%は限りなく100%に近いですよ。いつもの夏より動けてるんです。買い物に行ったり、食事に行ったり、お茶しに行ったり。体を絞ってから、生活リズムが変わったんです。朝、昼、晩と3食食べるようになって、夜も早い時間に食べて、デザートを食べにカフェに行ってみようか…なんてしたことがなかったので、新鮮で楽しいんですよ」

 一方、草なぎは少々後悔が残る夏となったようだ。

「人生で初めて捻挫をしちゃったので20%くらいかな~。リハビリに励み、それでも夏らしいことがしたかったので『おれは動かないぞ!』って宣言しつつ、友達とバーべキューに行ったんです。ぼくはお金だけ出して(笑い)友達が全部やってくれました。バーベキューとかしたことがなかったので、楽しかったですね~。新たな発見でした。お盆にはお墓参りにも行きました。当たり前のことだけど、墓前で手を合わせるのも大事ですよね」

 そして、稲垣はいい時間を過ごすことができたという。

「ワインもいろいろ飲めましたし、お料理を作って食べたり、ゴルフに行ったりできたので、充実度は80%くらいだと思います。欲張りなんですけどね、読みかけの本を読むとか、ジョギングするんじゃなくてジムに行くとか、会ってない友達に会うとか。やりたいことはいっぱいあるので。でもね、本当にいい時間を春から夏にかけて過ごすことができたな~って思ってます。あ、仲のいいおじ様“ヒロくん”とも仲良くやってますよ(笑い)」

※女性セブン2015年9月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
旅行先でもコンビニ飯40代男性 「オレは失敗したくない!」
大人の作法で自慢せず「スカイツリーに行った」報告をするには
フランスかぶれのアラフォーOL「醤油シルブプレ」という

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP