ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江本孟紀氏 年俸数億の複数年契約選手に「成績は3000万級」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最強を謳われながら、V9時代の面影はまったくない巨人。野村克也氏と江本孟紀氏、黄金時代の巨人を知る、南海ホークスの伝説のバッテリーが急遽集結し、今の原巨人の病巣を突くとともに「複数年契約」の弊害について語った。

──今年のセ・リーグは、ヤクルト、阪神、巨人で一進一退が続いています。かつてのように巨人が圧倒的に強いとはいえません。

江本:巨人はチーム防御率が良いから辛うじて戦えているだけです。昨年いなかった外国人と新人で、結果的になんとかなっているだけ。いなければ最下位です。

野村:強さには「絶対的な強さ」と「相対的な強さ」の2つがある。江本がいうように今の巨人は相対的な強さですね。相手と比べて強いだけ。V9時代のような絶対的な強さはない。

江本:ヤクルト、阪神も強いとはいえない。貯金が15ぐらいあって初めて強いといえるが、阪神は7、ヤクルトが5(9月9日時点)。なんと低レベルな戦いか。

── 一応阪神が首位(注・対談時)ですが、和田(豊)監督にはファンの不満が多いようです。

野村:和田ねェ。声も忘れたな。

江本:あいつは喋らんから(笑い)。まァ、昔と比べて監督の力が落ちてきていますね。

野村:監督不在の野球だね。

江本:選手にも問題ありますよ。主力の多くが複数年契約で、成績が落ちても年俸が下がらない。数億円もらっていても、成績は3000万円の選手並みですから。ダメなら年俸を下げないと危機感が出ませんって。

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
広澤克実氏 「パの最下位は日ハム。ろくな補強していない」
広島優勝巨人2位を予想する片岡篤史氏 「セは捕手に注目」
勝谷誠彦氏 ぬるま湯体質の阪神を変えられるのは掛布監督だ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP