体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パン職人を父に持つライターが、マツコ絶賛の「スフォリアテッラ」を作ってみた!

f:id:naruse_e:20150827160922j:plain

こんにちは、ライターの木村です。実家は北海道函館市でパン屋を営んでおります。生まれる前から母のお腹の中でパンの匂いを嗅ぎ、パンが焼き上がるオーブンの音を聞きながら育ちました。

そんなわたしには最近気になるものが……。

みなさん「スフォリアテッラ」をご存知でしょうか? 日本人にはなんとも発音が難しい「スフォリアテッラ」は、イタリア語で「ひだを何枚も重ねた」という意味をもちます。その名の通り生地が何層にも重なった見た目は、まるで貝のようなパイ状の焼き菓子です。専門店があったり、高級レストランのデザートとして登場したりと、イタリアでは国を代表する焼き菓子として知られているんです。

 

スフォリアテッラの画像検索結果を見る。

北海道名物ホッキ貝の画像検索結果を見る。

 

日本ではまだまだ知名度が低いスフォリアテッラですが、先日テレビ番組の『マツコの知らない世界』に登場し、あのマツコ・デラックスさんが「おいしい!」と絶賛したことで、NEXTブームスイーツの呼び声が高くなっています。

記事にしようとネットに「スフォリアテッラが売っている」と載っていたお店に行ってみたのですが、残念ながら取り扱いがありませんでした。大好きなインターネット、ちょっと嫌いになりそうです。

 

だったら……! ということで今回は、おもいきって自宅で作ってみようと思います。

f:id:naruse_e:20150826154932j:plain

まずはパン職人である父親に電話をし、スフォリアテッラ作りのコツを聞き出します。半年ぶりの娘の声に、父、少し喜んでいました。

 

ということで、まずは基本の材料から!

《スフォリアテッラ 6個分》

■生地 強力粉 200g 薄力粉 100g 水 120g ラード 30g 塩 5g
f:id:naruse_e:20150826155025j:plain

■フィリング 牛乳 200ml バター 10g 塩 少量 セモリナ粉 50g 砂糖 80g クリームチーズ 100g シナモンパウダー 少量 バニラ・エッセンス 少量 卵 1つ
※ドライフルーツを追加する場合は、50g用意してください。
 

■そのほか  ラード(生地に塗る用) 80g
 材料は以上! では、さっそく作っていきますよ~~!

 

生地を作る

1. 大きめのボウルにふるいにかけた強力粉、薄力粉を入れ、水、ラード、塩を投入したらこねていきます。

f:id:naruse_e:20150826155209j:plain

最初はパサパサしてなかなか馴染みませんが、こね続けているとだんだんまとまってくるので安心してください。水を少しずつ加えることで、ダマになるのを防ぎましょう。

f:id:naruse_e:20150826155230j:plain f:id:naruse_e:20150826155235j:plain
1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。