ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

この秋気になるモンブランは、「進化系」と「フレーバー系」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

FOODIEより転載)
小さいころは、絶対ショートケーキ派だった。
でも、大人になるにつれて、あのブラウンで濃厚な甘さのトリコになってしましました。そう、「モンブラン」に。
大人の定番スイーツと言えるモンブランは、今ふたつのトレンドの波に乗り、さらにスイーツ好きの心をわしづかみしているんです。今回は、日本橋三越本店の洋菓子のエキスパート、村田麻衣子さんが提案するこの秋食べたいモンブランのトレンドを紹介します。

「進化系」と「フレーバー系」が今年のトレンド

モンブランにトレンドなんかあるの?と思うかもしれませんが、モンブランの世界は広く深いのです。村田さんが提案する2015年のトレンドは、「進化系モンブラン」と「フレーバー系モンブラン」。

「『進化系』モンブランとは、ベーシックなモンブランをそれぞれの店ならではの解釈でブラッシュアップさせたもの、対して『フレーバー系』モンブランは、モンブランに別のフレーバーを加えることで、新たな相乗効果を狙ったものです」(FOODIEより引用)

日本橋三越本店では、この秋注目のモンブランが9月16日(水)から続々と登場すします。

進化系モンブランは主役は栗だけじゃない?

150915_montblanc02.jpg

『ヨックモック』ラングドシャーと栗のモンブラン 1人前1,080円(税込)
※イートインのみ
「ヨックモック」といえば、あのラングドシャーが定番ですが、なんとラングドシャーとモンブランがコラボレーションし、「進化系モンブラン」が登場。

「軽い食感のスポンジをベースに、2種類のマロンクリームに渋皮栗がデコレーションされていて、栗の風味がしっかりと濃厚。そして<ヨックモック>ならではのさっくりしたラングドシャーの口当たりが新鮮です。イートイン限定ですので、お買物の合間にお楽しみください」(FOODIEより引用)

ありそうでなかった、マロンとベリーのハーモニー

150915_montblanc01.jpg

『パティスリー・サダハル・アオキ・パリ』モンブラン フリュイ ルージュ 1個1,080円(税込)
※販売期間:9月16日(水)~22日(火・祝日)/各日午後2時からの販売
「フレーバー系モンブラン」の代表格は、「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」が出す、マロンとベリーが掛け合わさり、新しいおいしさが誕生した「モンブラン フリュイ ルージュ」。

「サダハル・アオキの新作はメレンゲにクリームと甘酸っぱいベリーのコンフィチュールをはさみ、濃厚なマロンクリームで包むという、一歩踏み込んだメニューに挑戦しています。栗とベリーという、新たな組み合わせがサダハル・アオキならではの繊細な仕立てでどのような相乗効果を生み出すのか、ぜひ確かめてみてください」(FOODIEより引用)

この秋、モンブランを食べずにはいられない!?

150915_montblanc03.jpg

『ザ・ペニンシュラ ブティック』マンゴーモンブラン 1個648円(税込)
日本橋三越本店では、9月16日(水)~29日(火)の期間、この秋食べたくなる「進化系モンブラン」や「フレーバー系モンブラン」が勢ぞろい。定番スイーツ、モンブランの新しい一面を発見する楽しみがあります。
シルバーウィークに実家に帰るとき、お土産はモンブランにしようかな。もう心がモンブランに支配されてきました。
FOODIE
(岩瀬智世)


(グリッティ)記事関連リンク
幸福感で満たされる、土曜の午後のスイーツティータイム
心も体もキレイになる。食べられる花束がプレゼントにぴったり
スタバから秋の訪れを感じる「栗」の新メニューが登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。