ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“真のコンポタ好き”なら取り寄せてでも味わうべし! 『じっくりコトコト プレミアム 黄金のコーンポタージュ』を試食レビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

9月7日、『ポッカサッポロフード&ビバレッジ』から、数量限定で『じっくりコトコト プレミアム 黄金のコーンポタージュ』が発売されました。“じっくりコトコト”シリーズのスープは、その手軽さからキッチンに常備しているという人も少なくないのではないでしょうか。通常はスーパーなどで一箱(3食入り)200~300円前後で購入できますが、今回新たに発売された『じっくりコトコト プレミアム 黄金のコーンポタージュ』は、一箱なんと500円! 強気な価格設定には秘密があるようです。気になる味をさっそく編集部で確かめてみました。

※すべての画像が表示されない場合はこちらからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/1148039

メロンより甘い!? 高糖度のとうもろこしを100%使用したコーンポタージュ


3万箱の数量限定販売だという『じっくりコトコト プレミアム 黄金のコーンポタージュ』。普段のものよりも少し高級感のあるパッケージです。


原料には、北海道の契約農家で栽培した『ゴールドラッシュ』を100%使用。なかなか聞き慣れない名前ですが、生でも食べられるほど実と粒皮が柔らかく、何よりその“甘み”が特徴のとうもろこしなのだとか。通常のコーンポタージュに使用されている『スーパースイートコーン』の糖度が約15.7%であるのに対し、このスープに使用されている『ゴールドラッシュ』の糖度は約17.9%! 一般的なメロンの糖度が13~14%といわれているので、いかに甘いかがよくわかります。こんなにプレミアムなとうもろこしを100%使っているのだから、それは高価にもなりますよね!


袋から出した瞬間にひろがる、とうもろこしの優しい香りに癒されます。粒もたくさん入っていそうです。


それではさっそく飲んでみましょう。お味はいかに?


こ……これは……! 普段わたしたちが飲んでいるコーンポタージュと見た目は変わらないのに、味がもう全く違います。特別なとうもろこしを使っているとあらかじめ知った上で飲んでも、驚きます。甘い! そして濃厚! 実際にとうもろこしを食べるより濃厚なんじゃないかと思うほど、この一口に風味がギュッと凝縮されています。最初はとにかく甘さに驚くのですが、ゆっくりと味わっていくうちにポタージュのベースとなっているチキンブイヨンやとうもろこしの旨みが口いっぱいに広がり、なんとも後をひく美味しさです。

せっかくなので、近くにいた編集部スタッフにも飲んでもらいました。

飲んだ感想は……?

・もとから甘いイメージのコーンポタージュですが、これはちょっと甘さの次元が違いました。デザートとは違うのですが、本当に甘いんです。不思議な感覚! それでいて、スープ自体の味はしっかりしているので、決してくどくない甘さなのが良いところです。男性も美味しく飲めると思います!(30代女性)

・甘さだけでなく、チキンやオニオンの風味もしっかり感じられることで味に厚みがあるので、今までのシリーズと同じように食事のお供にもOK! やっぱりパンには相性抜群です。このスープとパンだけで、立派な朝ごはんになりそう。(40代男性)

・『ゴールドラッシュ』というギラギラしたネーミングとは裏腹に、本当にホッとするような味わいです。だんだん寒くなるこれからの時期の朝や、仕事中リフレッシュしたいときにぴったり!(20代女性)


お湯をそそいでかきまぜるだけなのに、本格的な味わいが魅力の“じっくりコトコト”シリーズのスープ。忙しい時間帯の朝食から、小腹を満たす夜食まで幅広くカバーしてくれます。今回ご紹介した『じっくりコトコト プレミアム 黄金のコーンポタージュ』は、北海道エリアのお土産売店やメーカー公式サイトで購入可能。残念ながら近所のスーパーでは手に入りませんが、コンポタ好きならば一度は飲む価値アリですよ! 数量限定の販売なので、気になる方はお早めに。

製品概要:じっくりコトコト プレミアム 黄金のコーンポタージュ

発売日:2015年9月7日(月)
内容量:60.3g/箱(3袋)
希望小売価格:500円(税別)
※数量限定 1000ケース・30000箱(1ケース30箱入り)
発売地区:通販サイト「ポッカサッポロネットショップ」、ほか一部通販サイト
北海道エリアのお土産売店(空港、ホテル、観光施設など)で限定発売

ポッカサッポロ ネットショップ
http://www.sp-mall.jp/shop/c/cP10/

しゃむの記事一覧をみる ▶
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP