ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

課外活動で勉強会を主催していたら会社の事業になった話 #IoTLT

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、エンジニアののびすけです。9月よりLIG社内で新規事業部を立ち上げることになりました。
どんな事業を始めたのか、なぜ始めたのかをご説明できればと思ったのですが、どちらかというと課外活動が「事業に繋がった」と表現した方が正しいくらいなので、今回は僕の活動が事業になった話をさせていただきます。

仕事は仕事で割り切って、業務時間外にやりたいことをやろうと思っている人の心に残れば幸いです。

なんとなく始めた勉強会が200人規模のイベントになった

きっかけは自発的ではなく、外的要因だった

今年、2015年2月頃から「IoTLT」という勉強会をやるようになりました。
リレーションズの土屋さんと一緒に毎月開催しており、今では200名ほどの申込みがある勉強会になっています。

▼参考
【9月15日開催】IoT縛りの勉強会! IoTLT vol.7
http://iotlt.connpass.com/event/18104/

勉強会を始めたきっかけは、土屋さんからの「リレーションズのエンジニアを外に出したいんだけど良い方法ないかな?」と相談を受けたことでした。リレーションズのエンジニアの方々の得意分野や特徴を聞くと、ハードウェアのエンジニアとWebのエンジニアがいると。
そこで、IoT(Internet of Things)というワードが流行り始めたタイミングだったということもあり、「IoT的な勉強会をやったらどうでしょうかね」という、なんとも外的要因過ぎる流れで始まりました。

第1回は社内勉強会から始まる

最初はリレーションズとLIGの合同社内勉強会という位置付けでスタートし、リレーションズのエンジニアとLIGのエンジニアが3人ずつ登壇するというスタイルで始めました。
なんとなく始めた勉強会でしたが、第1回を終えたタイミングで「次回発表してみたいです」という方が何名か声をかけてくれ、さっそく社内向けから社外向け勉強会に。

そして題材にしていた「IoT」というテーマがバズワードであったとこともあり、少しずつ参加者数は増えていき、最終的に延べ1000人近くの方に参加いただけるようになりました

 

勉強会の開催にあわせてFacebookグループをつくるなど、「コミュニティ」を意識して運営してきたのですが、コミュニティの成長は色々な方々と連携して進めていけたのが大きな要因でした。
会を重ねるたびに多くの方にご協力いただけるようになり、ジーズアカデミーの児玉さんと武井さん、21cafeのはぎえりさん、TECH LAB PAAKの岩本さん、レバレジーズの皆さん、dots.の鳴釜さんなどに会場提供などをして頂き、順調に勉強会を展開していくことができました。
(これまでご協力いただいた皆さま、誠にありがとうございました!)

コミュニティ成長の一方で「目的」を見失った

「どこにモチベーションを置けばいいのだろう」と悩んだ

参加者数の数字だけ見ると順調に規模が大きくなっていったのですが、途中からリレーションズ、LIG双方のエンジニアが参加できなくなるなど、スムーズに運営できないことも増えてきました。

通常業務と併行してイベントを運営することは大変なことです。業務に追われて発表準備が大変なこともあるでしょう。
しかし、「リレーションズとLIGのエンジニアを外に露出させる」というのがもともと主目的で始めていたので、LIGの僕自身は「どこにモチベーションを置けばいいのだろう?」と目的を見失っていきました。
外的要因から始めた勉強会だったので、こうなることは予想できたのですが、それでも成長したコミュニティを前にして自分はどうすればいいか、正直めちゃくちゃ悩みました。

続けることで価値を見つけた

それでもイベントは継続して毎月開催していきました。そんな中、来場者や登壇者の人とイベントの懇親会で話をしていると、「すごい楽しかった!」「仕事に繋がる話ができた!」と、とてもポジティブな声を多くいただけるようになります。
そして「わざわざイベントに足を運んでくれる」ということは、「来てくれる人たちはそこに価値を見出して来てくれている」ということに気づきました。

さらには、当初Webエンジニア向けに始めていたIoTLTですが、徐々にマーケターやデザイナーといったエンジニア以外の職種の方々も増えていき、「このイベントコミュニティはエンジニアだけではなく、IoTに興味のある人が集まるコミュニティなんだなぁ」と、このイベント活動の価値を再発見しました。

「この価値を守りたい、そしてこれからも多くの人にこの価値を届けたい」

イベントを続けていくことで、そう思うようになったのです。

社内に対する承認欲求との戦い

イベントに価値があると分かってくると、「この活動自体を会社が後押ししてくれたらいいのになぁ」と思うようになります。ただ、自分の中では他力本願なところもありました。「ある程度話題を生んでいる取り組みなんだし、自分から社内に共有しなくてもみんな気づいてるでしょ」 と思う自分がいたのです。

そんなある日に、LIGとも仲良くお付き合いをさせてもらっているベアーズの片切さんの投稿(「私の何を見てその評価なんでしょうか?」への答え)を読んで色々と考えさせられました。以下抜粋です。

影の努力を気づく上司はほとんどいません。上司が部下の行動を逐一見るのは不可能です。アピールの中でもこれみよがしのアピールはアレですが、仕事の成果を正しく伝えるというためにはアピールは必要です。評価をしてほしいなら、その努力を上司ないしはキーマンに全力でみせましょう。
どうすれば評価されるのかを考えて狡猾に動きましょうと思う。

(片切さんの記事から抜粋)

つまり、社内に認められるためには、社外に対してアウトプットしていることを社内に対してもアウトプットする必要があるということだと気づきました。

考えてみれば当たり前のことかもしれません。しかし、当時の私は社内の人間が自分の動きを把握してなくても、社外の人に伝わっていればいいかなと思っていました。

社長を直接勉強会に呼んだら流れが変わった

「めっちゃいい会だね」と社長に連呼してもらう

「社内の人にもしっかりとアウトプットしていかないとダメだ」
そう思った僕は、もともとIoTなどの新しい技術に興味を示していた弊社社長の岩上に、実際にIoTLTを見にきてもらいました。

その時のIoTLTは過去最高の来場者数となり、130人以上の参加者の方々にお集まりいただきました。社長の岩上もまさかこんな大勢の人が集まるイベントだったとは想像していなかったようで、「めっちゃいい会だね!」と連呼してくれたのを今でも覚えています。
そして会の価値を大切にしたいという想いも実り、そのときのIoTLTは非常に盛り上がりました。

社内での僕はそんなに暗いキャラだとは思っていなかったのですが、やはり人からの見え方は違うのでしょうか。岩上に「のびすけが生き生きしてたよ」と別の自分を見てもらえるいい機会でした(笑)

決め手は海外にいこうか迷ったタイミング

程なくして、LIGの海外展開の話が社内であがったことがありました。僕自身、新しいことに挑戦したかったですし、時期的にも環境を変えるタイミングかなと思ったりもしていたため、「海外に行きたい」と手を挙げました。海外転勤の話が通らなかったら、会社を辞めようとさえも悩んでいました。

しかし、社長の岩上に引き止められることに。

「この前のイベントに参加してみて、のびすけが生き生きしているところを見た。のびすけはもっとこの領域で動いた方がいいと思うんだ」と言われたのです。しかし、それは「海外転勤を諦めろ」ということではなく、いままでほぼ趣味として行っていた課外活動をLIGの新規事業として始めるチャンスでもありました。

おわりに:新しくDevRel事業部を立ち上げます

今回、自分の課外活動が事業になったお話を通じて僕が伝えたかったのは下記2点です。

モチベーションが無くても "続けていれば" 価値に繋がる
好きなことを業務に持ってくる、この為に社内へのアウトプットは重要

昨年の4月に謎の入社式を迎えてから1年半ほど経ちました。上京したての自分が今こういう動き方をしているなんて、当時はまったく想像もつかなかったです。環境を理由にぐちぐち言っていた気もします。

しかし、続けることを通じて新しいチャレンジができるようにもなりました。

僕が今回チャレンジするのは、新しくLIGにてDevRel事業というものをスタートさせることです。
"DevRel"とは海外では一般的なマーケティング用語で、開発者との関係(リレーション)を構築する活動を言います。すごい技術があるのに、それを企画側の人が理解していないことによりサービス化や製品化ができていない、といったことが開発の現場では多々あります。そういった技術の壁を取り壊すべく、僕自身がイベントで登壇するのもそうですし、LIGブログと絡めて情報を発信していきたいと考えています。

さらにはエンジニア向けのサービスやプロダクトを展開している事業者に対して、企画コンサルやプロモーションを行ったり、 IoT領域のプロモーションをお手伝いしていく予定です。IoTにまつわるハードウェア製品や、マイコンボードなどは、Webエンジニアたちにはまだまだ扱いが難しい領域でもあります。技術的な内容を噛み砕き、様々な事例をつくって伝えていくことを、今後の一つの仕事にできればと思っています。

とはいえ、DevRel事業部は新しくスタートしたばかり。今後、様々な情報発信をしていきますので、引き続きよろしくお願いします!

IoTLTは、これからも課外活動の一環として実施していこうと思っています!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP