ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テイラー流SNSの使い方で、わたしを魅力的にプロデュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もはや、これなくしては生きられない!というほど重要な存在になっているSNS。
せっかくだから、うまく使いこなして、多くの人とコミュニケーションをとりたいもの。
とは言うものの「なかなかフォロワーが増えない」「思うように人とつながれない」という悩みを持つ人もいるようです。
そこで、多くのフォロワーと絶大な影響力をもつテイラー・スウィフトのSNSに注目してみたいと思います。

ソーシャルメディアの女王、テイラー

世界の歌姫であるテイラー・スウィフト。
彼女の優れているところは、その歌唱力やCD総売上枚数だけではありません。
SNSにおける世間への影響力こそ彼女ならではの強みです。
2015年6月、アップルは、新たに音楽ストリーミングサービス「Apple Music」の開始を発表。その際、最初の3か月間は、無料で試聴の提供をすると宣言しました。
ユーザーにとっては喜ばしいことですが、問題となったのが、その3ヶ月間、アーティストへの楽曲使用料の支払いを保留にするとしていたこと。
それに対し、テイラーはTumblr上で抗議しました。

We don’t ask you for free iPhones. Please don’t ask us to provide you with our music for no compensation.
(私たちは、iPhoneをタダで欲しいなんて言っていません。ただ、何の代償もなしに音楽を提供してなんて、言わないでほしいの。)
Tumblr」より引用

この発言を受けたアップルは、すぐに前言撤回し、無料視聴の間もアーティストに楽曲使用料を支払うことに決めたのです。
7,000億ドル企業であるアップルをも動かしたテイラーですが、彼女のしたことはSNSのポストだけ
なぜ彼女は、SNSにおいてここまでの影響力をもてたのでしょうか。
多くの心強いフォロワーを獲得した背景には、テイラーの、SNSを使った上手な自己プロデュース力がありました。

「シェア」で自己表現を

テイラーはTwitterやFacebook、InstgramにYouTube、Tumblrなど、さまざまなソーシャルメディアを使って、情報を発信しています。
そして、その総フォロワー数は約1億4,000万以上にのぼり、テイラーのもつ影響力は絶大です。
そんなテイラーは、ほかのアーティストやセレブとは少し違ったSNSの使い方をしているよう。

スウィフトのTwitterフィードを例にとってみよう。そこには、#Taylurkingというハッシュタグで投稿された、彼女の歌をカバーした名も知れぬアーティストや、彼女の歌を使用したウエディングビデオ、さらにファンによる多くのコラージュ画像などの「リツイート」で埋め尽くされている。
DIGIDAY」より引用

テイラーは、CDの発売日やライブの告知など、自分の近況報告だけをするのではなく、ファンの発信した情報をシェアすることで、コミュニケーションをとっています
テイラーのように、SNSで自分の情報のみを発信するのではなく、面白いと思った記事や、ステキだなと思った画像などをシェアすることで、自分の感性、考えを周囲の人に伝えることができます。
SNSでは、シェアすることも立派な自己表現のひとつとなっているのです。
とくに「#(ハッシュタグ)」を使うと、同じ興味をもっている人とつながりやすくなるので、とてもおすすめ。

ユーモアを忘れない

Taylor Swiftさん(@taylorswift)が投稿した写真 – 2015 9月 12 4:22午後 PDT

If you need us, we’ll be taking selfies with the Emmy ALL DAY.
(もし私たちを必要としてくれるなら、1日中だってエミー賞とセルフィーするわよ!)
Instagramより引用

ファンを大切にすることで有名なテイラーは、SNSでもファンのことを想うのを忘れません。
面白い動画やプライベートの様子などをアップしては、ファンを喜ばせています。
そして、ファンは彼女に親近感を覚えるとともに、彼女のユーモアを受け入れ、より好きになっていくのです。
SNSには、気取った写真だけでなく、たまにはユーモアをプラス。ツッコミ所がある方が、周りの人も好意的な印象を持ってくれるかも

テイラーのようにSNSを楽しもう

歌唱力だけでなく、ソーシャルメディアにおける発言力でも注目を集めるテイラー。
彼女はSNSを有効な発信ツールとして扱うのだけではなく、心から楽しんでいるように思います。
テイラーのソーシャルメディアとの向き合い方を参考にすれば、もっと魅力的な自分を演出して、SNSを楽しめるはず。
[DIGIDAY(日本版)]
top image by gettyimages
(近藤うらら)


(グリッティ)記事関連リンク
フリンジを個性的に着る、それが私流
好きな人すらできないのは、無意識の「恋愛対象条件」が厳しすぎるのかも
彼が地味にイライラを積もらせている彼女の行動

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP