ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電車遅延の影響度を予測!ビックデータを活用したアルゴリズムが誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

悪天候や事故などにより、思いがけず発生する電車の遅延。

とりわけ、ダイヤが過密化する都市部では、ひとたび遅延が発生すると、その影響が広範囲にわたって波及するケースが少なくない。

・遅延の影響を自動でシミュレーション

スウェーデンの首都、ストックホルムの電車を運営するStockholmstågは、数学者Wilhelm Landerholm氏と共同で、電車の遅延による影響を予測するアルゴリズム「Commuter Prognosis」を開発した。

このアルゴリズムは、ダイヤのどこかで遅れが発生した場合、過去の運行データをもとに、各列車の各駅への到着時刻や遅延によるダイヤ全体への影響を、最長2時間先まで自動的に予測。

オペレーターは、この予測を活用することで、列車の増発や振替輸送など、遅延による影響を軽減するための措置を講じることができる。

また、一般の利用客がこの遅延予測を知ることができれば、交通手段や移動ルートを変更するなどして、混乱を未然に防ぐことができるだろう。

Stockholmstågでは、2015年内に、遅延予測情報をリアルタイムで閲覧できるスマートフォンアプリのリリースを予定している。

・ビッグデータ解析で公共交通機関のサービスレベルを向上?

Commuter Prognosisは、Stockholmstågで長年蓄積された運行データの解析から生まれた、ビッグデータ時代の予測ツール。

通勤電車のサービスレベルを向上する手段として、ストックホルムのみならず、世界各地でも応用できそうだ。

Commuter Prognosis

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP