ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・ダムドの元ベーシスト、がんとの闘病生活の末に死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イギリスを代表するパンク・バンドのひとつ、ザ・ダムドのベーシストだったブライン・メリックが、がんとの長い闘病生活の末、亡くなっていたことが明らかになった。56歳だった。元グループメイトがLoudwireにて発表している。

 今年公開されたザ・ダムドのドキュメンタリー映画『The Damned: Don’t You Wish That We Were Dead』のFacebookページによると、メリックは9月12日、咽頭がんとの闘病の末に亡くなったそうだ。

 「彼の娘エラや息子のリチャードとクリスティアンに代わり、とても悲しいですが親友のブライン・メリックが今朝に亡くなったことをお知らせします。がんとの長い闘病の末、カーディフ近郊にあるLlandough大学病院で安らかに旅立ちました」と綴るのはアンディ・ジョンソンだ。ジョンソンは、メリックがザ・ダムドを抜けた後、一緒にラモーンズのカバーバンド“Shamones”でプレイしていた仲間だ。

 ブライン・メリックは1983年から89年までザ・ダムドに在籍し、バンド中期のアルバム『ファンタスマゴリア』(1985年)と『エニシング』(1986年)でベースを弾いている。1980年に脱退したアルギー・ワードの後任者、ポール・グレイに代わり、メリックがバンドに加入。ワードは、1978年にギターへ転身したオリジナル・メンバー、キャプテン・センシブルからベースを引き継いだ形だった。

関連記事リンク(外部サイト)

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』名コンビに異変 左腕が赤いC-3PO写真解禁
絶対女王マドンナ 遂に10年ぶりの来日公演決定
「もう死ぬか、それともこれからアルバムを20作リリースするか」 A・クーパーxJ.ペリーxJ・デップによるスーパーグループ、ハリウッド・ヴァンパイアーズ ミニ・インタビュー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP