ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アレサ・フランクリンが映画『Amazing Grace』の上映差し止めを求め訴訟

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アレサ・フランクリンがプロデューサーのアラン・エリオットに対し、1972年にニュー・ミッショナリー・バプテスト教会で行った自身のゴスペル・コンサート映像を使用したドキュメンタリー映画『アメイジング・グレイス(Amazing Grace)』を、許可なく商業目的で公開・上映することの差し止めを求める修正訴状を提出した。ハリウッド・リポーターが報じている。

 今回の訴状では、同映画が【トロント国際映画祭】の公式ラインナップから外されたものの、エリオットはトロントでバイヤー向けに上映会を行ったと主張。上映は「Ms.フランクリンの契約上・法律上の権利や、彼女の名前と肖像を使用・管理する権利を侵害するものであり、彼女のプライバシーを侵害することを意味する」としている。

 フランクリンは元々、『アメイジング・グレイス』のプレミア上映を予定していた【テルライド映画祭】よりも前に提訴していた。上映を阻止するための仮差し止めが認められ、同作はその後の【シカゴ映画祭】と【トロント映画祭】のラインナップから外されていた。

 新しい訴状ではさらに、「彼女の名前と肖像の使用を管理する権利」についての確認判決を求めるとともに、「エリオットは1972年のゴスペル・コンサート映像を彼女の明白な認可なく使用してはならない」と主張している。

 また、フランクリンは現在、エリオットや彼のエージェント、従業員ほか彼と仕事する全員が、商業目的で同映像を公開または使用することを暫定的・恒久的に禁止する差し止め命令も求めている。

関連記事リンク(外部サイト)

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』名コンビに異変 左腕が赤いC-3PO写真解禁
絶対女王マドンナ 遂に10年ぶりの来日公演決定
「もう死ぬか、それともこれからアルバムを20作リリースするか」 A・クーパーxJ.ペリーxJ・デップによるスーパーグループ、ハリウッド・ヴァンパイアーズ ミニ・インタビュー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP