ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SMAP ボーイズグループ席巻のビルボード週間シングルチャートを制覇、TOP5の紅一点は西野カナ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月21日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Top Singles Sales”にて、SMAP55枚目のシングル『Otherside / 愛が止まるまでは』が堂々1位を獲得。超特急 feat.マーティ・フリードマン『Beautiful Chaser』との激戦を制した。

 人気急上昇中のメインダンサー&バックボーカルグループ 超特急は、ももいろクローバーZらも擁するスターダストプロモーション所属の男性7人組。リリース直後から好調なセールスが報じられてきたが、週間チャートの結果はやはり、王者ともいうべきSMAPが10.5万枚の実売数を記録し、チャートの頂点に輝いたかたちだ。

 また、チャートは3位が先週首位の嵐『愛を叫べ』、4位に韓国で高い注目度を誇る6人組アイドルグループ VIXXの『Can’t say』とボーイズグループが上位を席巻する中、5位に西野カナのニューシングル『トリセツ』がチャートインしている点にも注目だ。

◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”
(2015年9月21日付)
1位.SMAP『Otherside / 愛が止まるまでは』
2位.超特急 feat.マーティ・フリードマン『Beautiful Chaser』
3位.嵐『愛を叫べ』
4位.VIXX『Can’t say』
5位.西野カナ『トリセツ』

関連記事リンク(外部サイト)

嵐が貫禄のシングルチャート制覇、秦 基博は約1年ぶりアニメチャート首位で新作に弾み、AKB48新公演スタート、OOR企画に注目
ザ・ウィークエンド 初動41万枚で米ビルボード・アルバム・チャートを制す、話題の新星ホールジーは2位デビュー
【深ヨミ】AKB48、歴代の総選挙後のシングル初週売上げ比較

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP