ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巻かないロールキャベツにもいろいろあるらしい……が、見た目じゃないにも程がある!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、巻かないロールキャベツ用のソースが出たという話を聞いた。

ん? 巻かないのに? ロールキャベツ?

いやいやいやいや、巻かないロールキャベツってなんですの。というか、もうロールしてなかったらただのキャベツですやん! そんなん見たことないし! というか、おにぎらなかったり、巻かなかったり一体なんやねん!

しかし、ネットを検索してみると、その「巻かないロールキャベツ」のレシピがいろいろと出てくるのだ。ならば百聞は一見にしかず。作ってみた。

 

巻かないロールキャベツにもいろいろあるらしい

検索をしてみると、巻かないロールキャベツと言ってもいろいろ種類があるようだ。

その中から、比較的レシピの多いものを2種類作ってみた。

 

用意したのはこちら。

キャベツ、トマト、ひき肉。

キャベツをまるまる1個購入したのなんていつぶりだろう……。

まずはこのキャベツを4分の1に切り……。

ずいぶんと葉の密度が高い。

真ん中部分の葉を取り除く。

そして中に入れるひき肉を用意。

今回はひき肉に卵、味付けとして塩コショウ、ナツメグを入れた。

余力がある人は玉ねぎのみじん切りも入れるとよい。

よい、というか、普通は入れるもののようなのだが、玉ねぎは目に染みるので今回はパスすることにした。こんなところで泣く女になりたくない。言っておくが玉ねぎのみじん切りが面倒だったわけではない。決して。

材料をこねこねこねこね……。

粘り気が出てくるぐらい混ぜたら、先ほどのキャベツの空いた部分に肉を詰めて鍋に投入。

トマトとコンソメを入れて煮込む。

本来は、キャベツ2分の1にひき肉を詰めたほうが中の肉も安定していいようなのだが、そんなには食べられない。

 

こちらの巻かないロールキャベツ(A)を煮込んでいる間に、もう一種類の巻かないロールキャベツ(B)を作ってみることにしよう。

トマトを入れて……。

ひき肉を入れて、炒めたあとに櫛切りにしたキャベツを入れる。

キャベツに火が通ったら出来上がり。

いやいやいやいや、待て待て待て待て。巻かないにもほどがあるだろう!

1つ目に作ったほうはまだロールキャベツの面影がありそうだけど、もうこっちはあかんでしょ!

巻かないロールキャベツと言うか、キャベツのミートソースがけですやん!!

 

……と、取り乱したところで、煮込んでいた巻かないロールキャベツ(A)も出来上がった。

おお。巻いていないのになんだかロールキャベツっぽい! ちゃんとロールキャベツの面影がある!(ちょっと感激)おまけに切ったらハート型になった!

 

見た目じゃないのよ、ロールキャベツは!

さて、味はどうなのか。基本、使っている材料は同じなのだから、味は似たりよったりなのではないか?

まずは巻かないロールキャベツ(A)から実食!

巻いていないくせにロールキャベツ感がすごい。なんなら、普通のロールキャベツよりも巻いていない分、食べやすいかもしれない。

ちなみに、普段、「ロールキャベツは食べづらい(噛み切りづらい)」と言って残す家族に食べさせたところ、まさかの完食だった。なんてこった。ロールキャベツの立場!

 

そして巻かないロールキャベツ(B)のほうは……なんだろう、キャベツの甘味がすごく感じられる。キャベツってこんな味だったのか! というのがよく分かるし、トマトとひき肉によってその味が引き立てられているのだ。しかしやっぱりこれは巻かないと言っているとは言え、ロールキャベツを名乗ってはいけないんじゃないだろうか……。

 

結論:巻かなくてもキャベツはおいしく味わえる

巻かないロールキャベツ(A)に関しては本家本元よりも作りやすい、食べやすい。人気ドラマのスピンオフが本編よりもヒットしちゃいそうな感じだ。

これなら誰でも作れそうだし、料理が苦手でも見栄えがいい。ただ、「ロールキャベツを作ったの」と言って食卓に出した場合、どんな顔をされるかに関しては責任を負いかねる。

 

書いた人:ふくだりょうこ

ライター。1982年大阪府生まれ、東海大学文学部文芸創作学科卒。2006年よりフリーライターとして活動、現在は女性向け恋愛シミュレーションゲームのシナリオなどを主に執筆。締切前のドーナツと、1人焼き鶏、そしてビールとハイボールが日々の楽しみ。日替わり定食っぽい料理を作るのが好きです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP