ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

好きな人すらできないのは、無意識の「恋愛対象条件」が厳しすぎるのかも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

素敵な恋に憧れて自分磨きを欠かさないグリ子(23歳)と、本能のままに動きがちなグリ美(24歳)。ふたりとも、一生懸命なあまりネットや本の情報を鵜 呑みにして惑わされがち! 今日も恋愛経験豊富なセンパイ(28歳)を頼って、ふたりが「ガールズトーク」をしにやってきました。
グリ美:最近、恋愛対象になる人すらいないんですよー。
センパイ:あら、そうなの? ちょっと条件が厳しいんじゃない?
グリ美:自分では、そんなつもりないんですけどね……。

最初から「○○は無理」って決めつけてない?

センパイ:たとえば「細マッチョじゃなきゃ無理!」なんて思ってると、本当はすごく相性が合う人がいたかもしれないのに、出会いを逃してる可能性があるわよね。
グリ美:たしかに……。「絶対無理!」とか言ったことはないけど、出会った時点で無意識に判断しちゃってますねー。
センパイ:そうね。どうしても譲れない条件だけなら言ってもよさそうだけどね。
グリ美:出会いの幅を自分から狭めちゃ、もったいなさすぎますもんね!

無理だと思ってたものに、案外ハマっちゃったりする

センパイ:たとえば「太ってる人は絶対無理!」と思っていても、つきあうことになったら、そのぽっちゃりにハマっちゃったりするものなのよ。
グリ美:一度味わってみないとわからないってことですね。
センパイ:そうそう。だから最初から拒否するんじゃなくて、少し未知の領域に踏み込んでみるのもいいかもしれないわよ。
グリ美:新たな自分の好みを発見するチャンスかもしれませんしね!

とりあえずフィーリングを確かめてみよう

センパイ:「絶対何があっても無理!」っていうルックスの人以外は、あまり見かけで判断するのはよくないわよ。
グリ美:とりあえず遊んでみたほうがいいってことですか?
センパイ:とりあえず遊ぶっていうよりは、とりあえずふたりで会話をしてフィーリングを確かめるべきだと思うの。
グリ美:なるほどー。出会った時点でもハードルを見直して、ちゃんと相手の中身を見てみるように心がけてみます。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
諦める? 説得する? 親に反対されやすい結婚相手の条件
「運命」と書いてタイミングと読む。縁がある人とは不思議とタイミングが合う法則
もう一度彼にときめきたい! 「キュン」を取り戻すショック療法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP