ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スペインのサッカーを感じよう!FCバルセロナのカンプノウへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo Credit: Yuki Ishiwatari「バルセロナ(スペイン)

TRiPORTライターのTAKADONAです。
スペインサッカーの代名詞でもあるFCバルセロナの本拠地カンプノウは、サッカーの試合を観るだけの施設(スタジアム)ではないのを知っていますか?
「Camp Nou Experience Tour&Museum」と言って、実際にスタジアム内を見学出来たり、歴代の選手が着用したユニフォームやカップなどが展示されているミュージアムを、有料で自由に見学が出来ます。
また、FCバルセロナのオフィシャルショップの中でも品揃えが一番のお店も併設されているので、お土産選びにも最適な人気観光スポットとなっています。

 

カンプノウへのアクセス

まずはカンプノウへのアクセスですが、一番利用しやすいのは地下鉄だと思います。試合を観に行かれる場合は、帰りの駅は大混雑になるので、駅に着いた時に帰りの切符を先に買っておくことをお勧めします。

地下鉄1

筆者撮影

1. 市内中心から地下鉄で来ると、5号線の「Collbranc」(コイブラン)駅で下車します。
「→FC Barcelona ‘’Camp Nou’’」と表示があり、出口は一つしかないので、迷わずに出られます。
2. 地上に出ると、すぐ目の前にガソリンスタンドがあります。
その脇道(ガソリンスタンドに向かって左側にある道)をまっすぐ進みます。
3. まっすぐ進むと大きい通りに当たります。そこを左に曲がります。
4. 少し歩くと、右前方に巨大なスタジアム(カンプノウ)が見えてきます。
Collbranc駅からカンプノウまで、徒歩10分位です。

地下鉄2

1. 地下鉄3号線の「Maria Cristina」(マリア クリスティーナ)駅で下車します。
改札を出て「→Gran via Carles III」と表示通りに進み、出口へ。
2. 地上に出ると、前方に「El Corte Ingles」(エル コルテ イングレス)というデパートが見えます。
その反対(後ろ)の方向に進みます。すぐ右側は、「Diagnal通り」です。
3. まっすぐ進むと左側に「PRINCESA SOFIA」(プリンセサ ソフィア)というホテルが見えます。
ホテルを越えてすぐ左折します。
4. 左折して、「Joan XXIII通り」を進むと前方にカンプノウが見えてきます。
こちらも、Maria Cristina駅からカンプノウまで、徒歩10分位です。

タクシー

急いでいる時や、移動時間を短縮したい時は、やはりタクシーが便利です。車体が黒でドアが黄色の正規タクシーで、見付けやすいと思います。空車は、フロントガラスに「Libre」または「Lliure」と表示されていて、屋根に緑のライトが点灯しています。駅前やタクシー乗り場はもちろん、大通りにいると流しのタクシーが見つけやすいので、手を挙げれば止まってくれます。運転手さんに「カンプノウ」と言えば伝わりますが、伝わらない場合は「Camp Nou」と紙に書いて見せるか、ガイドブックなどの写真を見せれば伝わります。
料金は、初乗りが2.05ユーロです。平日は、以降1Kmごとに0.93ユーロが加算され、平日の20時~翌8時・土曜・日曜・祝日は1.15ユーロずつ加算されます。また、金曜・土曜・日曜・祝日の24時~翌6時は、この料金に2ユーロが加算されます。比較的料金が安く、メーターがきちんとあるので安心です。

バス

まずは、観光案内所で路線図をもらうのが良いと思います。また、バルセロナは、世界有数の観光地なので、ホテルのフロントにも観光パンフレットなどと一緒に置いてあるところが多いと思います。バス停でも路線図を確認出来ます。
バス停は沢山あるので、路線図を見て、周辺の下車する番号を確認して乗ってください。
カンプノウ近くは、54・H8・L12番線、Collbranc駅近くは50・57・157番線、Maria Cristina駅近くは59番線など、路線も沢山あります。
市内バスは、一律2ユーロととても安いです。また、9.45ユーロのタルヘタ・ディエス(T-10)という切符(10回使える回数券)であれば、地下鉄、バス、トラム、フニクラ、カタルーニャ鉄道、RENFE近郊線の市内ゾーンに共用出来ます。複数人で同時に使用も出来て、1時間15分以内であれば地下鉄からバスなどに乗り継ぎが可能ですので、色々な交通手段を利用してみるのも楽しいと思います。

自転車

市内中心には、レンタサイクルが出来るお店があります。大通りは自転車道が整備されていて街並みを見ながら走れるので、自転車が好きな人には良いのではないでしょうか。ただし、停める場所と施錠には注意が必要です。
普通の自転車と電動自転車があります。バルセロナは内陸から海に向かって下り坂道になっているので、どちらにするか検討してください、料金はお店によって違いますが、普通の自転車だと2時間で3~6ユーロ、8時間で10~13ユーロ、24時間で15~20ユーロ位です。電動自転車は、2時間で15ユーロ、4時間で20ユーロ、10時間で22ユーロ位です。

徒歩

カンプノウを目的としてバルセロナへ行く人は、地下鉄3号線の「Sants」(サンツ)駅にホテルを取る人が多いと思います。Collbranc駅までも一本で3駅です。カンプノウまで徒歩で約30分なので、バルセロナの街並みを見ながらゆっくり歩いて向かうのも良いですね。
またサグラダファミリアとか市内中心にホテルを取る人も多いと思いますが、市内中心部からの徒歩だとかなり距離があるので難しいです。
夜の治安について、私自身は深夜1時頃まで歩いていましたが、夜遅くまで多くの人で賑わい特に危険を感じませんでした。

カンプノウの周辺地図

チケット購入

筆者撮影

カンプノウ周辺の位置が分かるように、所々に番号が表示されています。その「Acces9」という番号で表示されたゲートから入ると、右側にチケット販売の窓口があります。
ちなみに、試合当日は「Acces9」のゲートに向かって左隣の「Acces7」から、選手たちを乗せたバスが入ります。大勢の人が待っていますので、ポジション取りはかなり難しいですが、バスに乗った選手たちを見ることが出来ます。ここはゲートの入り口なので、試合のチケットを持っていない人でも待つことが出来ます。世界のスーパースターのシャッターチャンスを待ち構えてみては、いかがでしょうか。

見学時間

見学時間は9:30~19:30、 10:00~18:30、10:00~14:30となっておりますが、年・時期・日・イベントの開催などによって変わりますので、確認が必要です。
所要時間は約1時間半ですが、夢中になるともっと時間が掛かると思います。
※試合当日は、ミュージアムのみ見学出来ます。スタジアムのパノラミック・ビュー(観客席からスタジアム全体を見渡すこと)は、試合開始3時間前まで見学出来ます。
※入場は、終了時間の1時間前までです。

料金

一般:23ユーロ
学生:17ユーロ
6~13歳:17ユーロ
70歳以上:17ユーロ
0~5歳:無料

※見学日・時間・料金は、公式ホームページやチケット販売窓口にてご確認ください。
FCバルセロナ公式HP:http://www.fcbarcelona.jp/camp-nou

いざ見学

ミュージアム

筆者撮影

入場すると、まずはミュージアムからスタートします。ルートが設定されているので、それに沿って自分のペースで進んで見学することが出来ます。
数多く展示されているカップやトロフィー、歴代選手が着用したユニフォームなどから、クラブの名誉と輝かしい歴史を見られます。また3Dシアターでは、まるで実際に試合を観戦しているような臨場感を体感出来ます。

スタジアム

Photo Credit: Keita「バルセロナ~未完の教会サグラダファミリア~

プレスルーム(試合が終わった後、テレビで放映される監督の記者会見や選手がインタビューされる場所)、ロッカールーム(試合の時にアウェイチームが使うロッカールーム)、礼拝堂(祭壇にマリア像が祀られている)を通り、そして選手が入場する階段を下りて行くと、一気に視界が開けスタジアム全体を見渡せます。すぐ目の前はピッチで、監督や選手が座るベンチも目の前で見られます。
ここに出たら、誰もが驚愕することでょう。実際に私自身は、スタジアムのあまりの大きさと迫力で言葉を失うと同時に、「本物のカンプノウ」を見たという感動で固まる程でした。
それもそのはずで、スタジアムの収容人数は、約10万人にもなります。地元のサポーターだけでなく、世界中からバルサ(※1)ファンが集まり、ヨーロッパでも最大の規模です。

お土産購入

筆者撮影

Photo Credit: Florian Wehpunkt「Trip to Barcelona

スタジアムには、オフィシャルショップの「FCBOTIGA MEGA STORE」が併設されています。こちらは、「Camp Nou Experience Tour&Museum」に参加しなくても、お土産を買うことが出来ます。冒頭でもお話しましたように、オフィシャルショップの中でも一番の品揃えです。素敵なお土産選びで時間が掛かってしまったり、沢山買い過ぎてしまうかもしれませんね。

筆者撮影

人気のユニフォームなどは、カンプノウ以外のオフィシャルショップでも買えますが、ここでしか買えないものがあります。話が前後しますが、「Camp Nou Experience Tour & Museumのルートでしか買えない記念メダル」があります。
自動販売機が何ヶ所か置かれていて、4ユーロで販売されています。メダルの種類がいくつかありましたので、全部買い揃えると、さらに貴重なお土産になるのではないでしょうか。

最後に

サッカーが大好きな人は、今までメディアで見ていたカンプノウを、ご自分の目で見に行ってみてはいかがでしょうか。また、サッカーに興味が無い人も、バルセロナの観光スポットとして、カンプノウを訪れる価値があるのではないでしょうか。
カンプノウの迫力や歴史を感じながら、メッシ選手やネイマール選手のユニフォームを着て、世界のスーパースターになった気分を是非味わってみてください。

※1 FCバルセロナの通称

ライター: Takahiro Kaneko

Photo by: Keita「バルセロナ~未完の教会サグラダファミリア~

関連旅行紀

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP