体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新時代の音楽論『新時代ミュージックビジネス最終講義』が9月24日に刊行

エンタメ

9月24日、書籍『新時代ミュージックビジネス最終講義 新しい地図を手に、音楽とテクノロジーの蜜月時代を生きる!』(著・山口哲一)がリットーミュージックより発売となる。

書籍『新時代ミュージックビジネス最終講義』 (okmusic UP's)

大きな変革の時期にある音楽業界。ソーシャル化、クラウド化が進み、これからは旧来の音楽業界人だけではなく、さまざまなプレイヤーが入り混じって、アーティストや音楽作品とリスナーを結びつけていくことになるだろう。それが、ニューミドルマンと呼ばれる人々だ。では、その新時代の音楽ビジネスの生態系(エコシステム)はどのようになっており、どのような役割が求められ、お金の流れはどうなるのだろうか? 『新時代ミュージックビジネス最終講義 新しい地図を手に、音楽とテクノロジーの蜜月時代を生きる!』は、日本と世界の現状を整理しつつ、“ミュージックビジネスのこれから”を実務にまで踏み込み提案していく、超実践的な新時代の音楽ビジネス論だ。

また、刊行記念として10月3日に“ニューミドルマン・リレートーク”が開催決定。ゲストに石川真一郎氏(株式会社ゴンゾ代表取締役社長)を迎え、ホストの山口哲一氏と熱いトークを展開予定とのこと。

■「ニューミドルマン・リレートーク」詳細ページ
http://newmiddleman.peatix.com/

『新時代ミュージックビジネス最終講義 新しい地図を手に、音楽とテクノロジーの蜜月時代を生きる!』
2015年9月24日発売
¥1,800+税
仕様:A5判/176ページ
発行:リットーミュージック

<CONTENTS>
■Chapter1 音楽ビジネスが置かれている環境
クラウド化による本質的な変化
ソーシャルメディア普及が音楽の聴き方を変える
グローバル化する市場

■Chapter2 鼎談「経営戦略視点で音楽ビジネスを捉えると?」石川真一郎+東博暢+山口哲一
PANDORAやSpotifyの時価総額が高い理由
AppleやGoogleにとっての音楽の価値
Facebookが進む道
ストリーミングサービスは集約されるか?
“クールジャパン”対“ハリウッド”の戦い方
ニューミドルマンに望むこと

■Chapter3 日本の音楽ビジネスの仕組み
人口が減少する日本と成長するアジア市場
コンサート>CDの時代とオリコンチャート形骸化
著作権徴収額は増えている!
知っておくべき権利の話
日本の特殊性を示すカラオケとレンタル
日本の音楽配信事情:着うた、iTunes、dヒッツ
洗練された仕組みを持つ日本の音楽業界
お金の流れと収益構造

■Chapter4 世界の音楽ビジネスの現状
海外の国別市場規模とフィジカル、配信シェア
代表的な世界の音楽サービス
世界のコンサート市場 INTERVIEW竹下フランク
エイベックスもビクターもインディーズ!
音楽とITの祭典SXSWから学ぶべきこと
アメリカにあって日本には無いもの

■Chapter5 ニューミドルマンの道・新時代型エージェント
新時代型エージェントに求められる専門性
インディペンデント性と法人設立
アーティストとの契約、レコード会社との契約
デジタルメディア活用の考え方
デジタルコミュニケーション法
海外市場攻略の基本
異業種の企業と連携する INTERVIEW高野修平
テクノロジーと音楽の関係
アーティストの意識改革とマインドケア INTERVIEW小杉茂
付録:新人バンド育成計画例

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会