ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 6.0や3GB RAMを搭載した「Huawei Angler」がGeekBenchに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei 製の Nexus スマートフォンとみられる「Huawei Angler」がベンチマークアプリ GeekBench の公式サイトに登場したことで話題となっています。Angler という名前はブートローダーの流出写真でも確認された新型 Nexus のコードネームで、実際には「Nexus 6」といった名前で発売されると思います。Huawei 製は Nexus 6 の後継とされているので、「Nexus 6(2015)」といった感じでしょうか。同サイトの情報によると、Huawei Angler は Android 6.0 Marshmallow、Snapdragon 810 プロセッサ、2,702MB RAM を搭載しています。一部では、Huawei Angler は Snapdragon 820 や 4GB RAM を搭載しているという予想も伝えられていましたが、GeekBench の情報では、スペックは現在市販されているハイエンドモデルと同等となる模様です。Source : GeekBench

■関連記事
NTTドコモ、「Xperia Z3 SO-01G」「Xperia Z3 Compact SO-02G」「Xperia Z2 SO-03F」のテレビ視聴不可問題に対処、OSアップデートを再開
英Vodafone、ジェームス・ボンド仕様の「Xperia Z5 Bond Phone」を独占発売
Googleカメラ v3.0にはSmart BurstやCreationsなどの新機能が搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP