ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本当にあった!全国初「カバン」の自動販売機 兵庫・豊岡

DATE:
  • ガジェット通信を≫


兵庫県北部の豊岡市は「鞄(カバン)」の街として知られる。日本有数の鞄産地で、国内唯一の鞄団地もある。そこで生産される「豊岡鞄」は地域ブランドとして素材、質感、使いやすさなど全国、そして世界にもファンが多い逸品だ。
その豊岡に、とても珍しいカバンの自動販売機が存在する。
カバンの自動販売機が設置されているのは、豊岡市中心部にあるその名も「カバンストリート」。JR豊岡駅から徒歩10分ほどの場所にある。

カバンはいずれも1個1500円。筒型の容器にご当地キャラの「玄さん」や現代風のポップなデザインが施されたトートバッグとエコバッグのイラストが入っていて、購入前に選ぶことができる。お金を入れて希望の商品のボタンを押す仕組みは飲料水の自動販売機と同じだが、お釣りが出ない仕組み。350mlの缶を販売する自動販売機をそのまま利用したという。

カバンストリートには、豊岡産のカバンを販売する店が何軒か並んでいた。特にこのご時世、国産のカバンは貴重で、良質な豊岡鞄が現地価格で購入できるのはとてもお得。ほかに、スーツケースのモニュメントや郵便ポストもカバンをモチーフにしたデザインなども、カバンストリートに点在する。

地域ブランド「豊岡鞄」http://www.toyooka-kaban.jp/カバンストリートhttp://www.cabanst.com/
【Nicheee!編集部のイチオシ】
世界初の自動販売機で売られていた飲み物とは?
1杯100円で地酒が飲める 大阪・伊丹空港の「利き酒マシン」
納豆ファンの夢の機械!納豆自動販売機

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP