ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「小悪魔女子的」モテる恋愛メールテクニック5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

携帯電話やITの普及により、メールのやりとりやメッセージアプリでのやりとりをダレでも当たり前のように行うようになりました。それに伴って恋愛において、メールを制する者は恋愛を制するといっても過言ではないほど、メールの存在が必要不可欠になっています。
そこで今回は、狙った獲物を必ずオトす、「小悪魔女子的」モテる恋愛メールテクニックを5つご紹介します。

1.返信はすぐしない

モテる恋愛のメールテクニックの定番ですが、このやり方は意外とよく効きます。このわざと返信を遅くするというのは相手を焦らすという意味だけではありません。
すぐにメールを返したくなる気持ちもわかりますが、「すぐに返す=暇=無趣味」という印象を相手に与えてしまい、非常にマイナスです。男性は無趣味な女性を嫌います。男性は束縛されたくないという人が多いため、無趣味の女性と付き合ってすぐにメールが返ってくると疲れると感じてしまうのです。適度に趣味を持ち、生活が充実していてメールの返事が遅めであることをさりげなくアピールするのがオススメです。

2.シンプルであっさりした文面を心がける

絵文字をたくさん使った文面は女の子らしくてウケるはずだと思っている人も多いかもしれませんが、実はそうではありません。むしろ、絵文字がたくさんのメールだと幼稚でうるさいイメージになってしまうのでNGです。シンプルな文面に色気が出すのが小悪魔的モテるメールテクニック。絵文字をつけるのは一つのメールに1個か2個ぐらいにしておきましょう。
また、好きな人にはあれもこれもたくさん聞きたいことや話したいことがあるかもしれませんが、一つのメールにたくさんの話題を入れるのは賢くありません。男性は基本的にメールを苦手とする人が多いので、長いメールは返信どころか読むのも面倒になってしまい、既読スルーされてしまう原因になります。スクロールせずに全部読み切れる程度のボリュームを心がけ、短めであっさりしたメールを送ってみましょう。

3.聞き上手になる

メールだとついつい自分のことばかり話してしまって相手のことを聞きそびれてしまうという経験はありませんか?実際に会うとうまく話せなくても、メールだと上手にコミュニケーションが取れるという場合もあります。メールでは、相手のことをたくさん聞いてみましょう。根掘り葉掘り聞くのは面倒がられてしまうので、相手が話したそうなことを上手に聞き出すのがポイント。「この子にならなぜか何でも話せてしまう」と思われ恋愛感情を抱かれる存在になりましょう。

4.「…」を効果的に使う

「…」は使うと暗いとか落ち込んでいるなどのイメージがありますが、効果的に使うことで「余韻」を残すのに便利な記号です。「うれしかった!」というよりも「うれしかった…!」という方が本当にうれしかったのが伝わってくるような気がしませんか?余韻を残したいときに使うと効果的に相手に伝わるので覚えておいて損はないテクニックです。

5.相手のメールの癖を真似する

相手のメールの癖を真似すると自然と相手が自分に好感を持ってくれるようになります。たとえば、話題が変わるときには改行なのか1行あけるのか、絵文字派なのか顔文字派なのか、相手のメールの癖を見抜いて真似してみましょう。同じようなテイストのメールでやりとりすると相手も返しやすくなりますよ。

さて、今回はぜひ真似してみたい小悪魔的モテる恋愛メールテクニック5選をご紹介しました。いかがでしたか?、小悪魔女子になる最大限のポイントは、相手がいかに楽に自分に接することができるかということをよく考えることです。相手にとって自分が接しにくい存在だった場合、相手をオトすどころではなくなってしまいますよね。彼が接しやすい自分を見せて安心させてあげることが最大のポイントです。ぜひこの小悪魔女子的モテる恋愛メールテクニックで意中の彼を手に入れてくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

片思い女子必見!男心の本音がわかる恋愛心理学6選
【話題のデトックス】「ジュースクレンズ」を、友達と一緒にやるべき理由
ダイエットを始める前に!減量効果を高める「12のコツ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP