体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【社会人必見】仕事のストレス解消法10選

iStock_000015265109_Mediumwork-stress-reduction150908-01

いつの時代も、ストレスと感じる一番の原因は“仕事”ですよね。任されている案件がうまくいかない、嫌な上司や人間関係、そして通勤中の混雑した電車など、仕事と関わりのあるストレスは図りしれません。

そこで、仕事のストレス解消するための、厳選した10の方法をご紹介。自分のスタイルにあった解消法を見つけてみては?

1.【どこでもOK】ツボ押し(手)

iStock_000012749913_Mediumwork-stress-reduction150908-02

いつでも、どこでもできるツボ押しは、ストレス解消の強い味方。イライラを鎮めるツボ「神門(しんもん)」は、手の平を上にし、手首の小指側にあるくぼみ部分。左手、右手の順で30回ずつ押します。自律神経を正常に戻すには、「合谷(ごうごく)」。親指と人差し指の骨がつながっている部分の、人差し指側のツボです。

2.【家でできる】座禅

安らぎホルモン「セロトニン」の分泌を促す、座禅。「デキる人はやっている」との噂もあり、実際に筆者が知り合ったある社長も、毎朝欠かさないのだそう。座禅といっても、大切なのは呼吸法。姿勢を正して目を閉じ、深く安定した腹式呼吸をすれば、自宅でも十分効果が得られます。線香1本が燃え尽きる時間が目安です。

3.【発散系】大声を出す

iStock_000001583849_Mediuwork-stress-reductionm150908-04

腹式呼吸で横隔膜を動かすと、自律神経のコントロールがスムーズになります。これは、緊張状態からリラックスモードに切り替えるスイッチの役目。大声を出す時は、自然と横隔膜を動かすことになるので、思いきり声を出せるスポーツ観戦や絶叫マシン、カラオケはおすすめです。

4.【家でできる】速読

仕事や人間関係にイライラしている時、人は左脳ばかりを使い、ストレスをため込むそう。そこで、効果的なのが逆の右脳を使う「速読」! 字を読もうとせず、パラパラと勢いよくめくると、右脳が文字を絵として保存し、活発に使われます。まずは5分から。ストレス解消が目的なので、本気で速読に挑まなくてもOK。

5.【発散系】新聞紙をやぶく

どうしても物に当たりたくなったら、新聞紙で代用しましょう。破りやすさといい、音といい、爽快感は想像以上です。無心でも、暴言を吐きながらでも、どちらでもOK。引き裂いたら仕上げに足で踏みつけ、ぐしゃっとまとめれば、片付けも簡単スッキリです。

6.【発散系】泣く

iStock_000009024892_Mediumwork-stress-reduction150908-075
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。